1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

カルロス・ゴーンのレバノンへの大脱走!!これは面白いかも!僕は司法になんて全く興味がなかったけど、脳出血でぶっ倒れて、自分の会社を潰し、自己破産を弁護士に依頼してから、裁判所というものに少し興味を持つようになったのだ。なぜなら、その経験から案外裁判所の裁 ...

最近、再生可能エネルギーの評価が悪くなっているようなので、久しぶりに発電効率が悪いと言われる再生可能エネルギー発電技術(太陽光発電や風力発電等)を有効活用するために不可欠な蓄電技術について再度紹介したいと思います。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネル ...

初めて視床痛(=中枢性疼痛)の辛さを的確に表現されている動画を見つけた!脳出血を発症し、視床痛(=中枢性疼痛)の痛みに苦しみ始めてから11年目である 下記のサイトの動画の女性、よくぞ言ってくれた!これまで、誰に話しても分かってもらえず、(死物狂いのリハビリの結果)比 ...

自分がどんなにこの11年苦痛を訴えても見て見ぬふり・・・ 気持ちの問題だ・・・などといろいろ言われた。 分かっているくせに治療法がないものだからかうやむやな回答ばかり・・・ここにきてやっと医師ではなく産総研?が「人類最悪の痛み 」という表現で治療法の研究を始 ...

脳出血からもう11年生きている そう障害者として11年生きている 皆、「僕が脳出血を起こした人」であるのは 皆、「僕が障害者である事」は 「当たり前の事」になっている。 でも僕は今でも「当たり前の事」なんかじゃない 発症当時は皆も「当たり前の事」 では ...

素晴らしい事をしたように「見える人」極悪非道な事をして極悪人に「見える人」でも、人間には人それぞれ事情ってものがあるもの。その人の心の中に入ってみなければどんなに力を尽くしている「事実?」を聞いても、調べても本当の事なんて誰にも、そしてきっと永遠に分かり ...

僕は彼女(元義母)がサラ金から2000万以上の借金をして、相続財産である彼女の実家を差押えられ自己破産さえできない可能性が高い状態から弁護士に必死の思いで協力し、自己破産させてあげたにも関わらず、その2年後(まだ金融機関と取引できない時期)に2000万もの別荘の購入契 ...

男にとって大切なもの それさ家族ではないだろうか 初婚であろうが再婚であろうが 家族ができた段階で男にとって その家族はかけがえのないものとなり 守るべき対象なるのではなかろうか そしてその家族を守ることが 男にとって生きる張り合いとなる だからこそ、家 ...

優しさというものは全て相手にとっていわゆる癒しや助けにはならないと思う。例えば、自分は障害者だけど、変に優しさという大義名分で 障害者でも自立しようとしているにも関わらず、助けてくれりするとやっぱり自分は障害者で、できないと思われているのだと感じてしまい、 ...

思うがままにならない事を思うがままにしようとして人間は苦しむものだと思う。人はときによっても、いつも自分の思うようには生きられない。ときには、自分が望ましくないと思う事にさえ全力を尽くさなければならない事もあるものなのだろう。それこそ生きる苦ではないだろ ...

心に全く傷を持たない人間とはつまらないものかも知れない。同様にまったくあやまちのない人生も味気のない人生ではないだろうか ...

離婚したのは既に手続き上は夏に完了しているが妻子の引越先が無いので今の賃貸じ住宅にこの年齢で不本意ながら母の経済援助してもらいながら住まい続けてきたが今月初旬に父が逝去したことで、援助継続不可能になり、10月21日に僕は実家の奈良に戻る決定をした。いよいよ本 ...

最近ネット上で素敵な詩も見つけた。題名は【証拠】こんな詩(ポエム)だった------------------------------------------------------------喧嘩するのは一緒だった証拠怒るのは真剣だった証拠つまづくのは前に進んでいた証拠裏切られるのは信じていた証拠疲れたのは頑張っ ...

前にも書いたけど、僕が心を前向きに生きるために唱える言葉・・・どこで覚えたか、身につけたかもう定かではないけれど・・初心に戻るためにもう一度書こう・・その前にここ2、3日で新たに知った心を強くしてくれる言葉に出会ったのでそれを先に書こう以下だ--------------- ...

山本周五郎の言葉だけど、「赦すというのは難しいけれどもし赦すとなると限度が無いここまでは赦すが、ここからは赦さないということがあるならば、初めから赦していないのだ」その通りかもしれない。だから「赦す」なんて軽々しく言うものではないのではないか ...

思うがままにならぬ事を思うがままにしようとして思うがままにならない事が 苦 ご存知の方であればよく分かられている事でしょうけどこれはあの釈迦が言ったと言われている人間の「苦しみ」の事を指す言葉です。この言葉が今の僕に痛い程分かるような気がする思うがままに ...

今日やっと理解したこんな身でも頑張れば頑張る程周囲が支援をしてくれると考えてきた。でもそんな考え方は間違いだったのだとやっと悟った正しいというか真実はこんな身体で頑張れば頑張る程皆、支援どころか皆、こんな障害者に甘えてきて私自身の負担が重くなるだけなのだ ...

身体障害者になっていつの間にかもう10年 現在でまも身体的不自由も苦痛も精神的苦痛もあり、なくならないけど最近、やっとそんな苦痛に耐えたり我慢したりする事ができたとき、なんだか上手く言えないけれどそんな苦を昇華できた!という喜びのようなものを感じる事ができ ...

必要なものと欲しいものは違う現代のような飽食の時代とかモノ余りの時代と言われる時代だからこそ必要なものと欲しいものを見極める目(心?)を持つ事が大切なのじゃないだろうか僕の場合、今最も欲しいものは健常な左手と左足が欲しいこれは欲しいものじゃなくて必要なもの ...

人は死んだら魂は永遠不滅という人いる僕はそんな事はあり得ないと考えている人間は死ねば魂など存在せず雲散霧消してすべて消滅してしまうと信じているつまり人間の身体を構成している原子である(C・ H・ O)に雲散霧消してしまうと「信じている」と言うのも証明しようのな ...

↑このページのトップヘ