俺はまだ生きている!脳出血で半身不随になった元IT系社長岡下俊介

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

前の記事のちょっと続き・・今の弱肉強食の人間社会で勝ち残るためには何をすればよいかって考えてみた・・勝つということは必ずその裏に敗者がいるわけでその敗者はその社会ではいわゆる「弱者」になってしまう。でも、その社会を作る(或いは作った)のは勝者(つまり強者 ...

昨日以下の3つの動画をたまたま観た・・考え込んでっしまった。。新富裕層? フリーター漂流?障害者差別(別視と無関心?)考え込んでっしまった。。政府や国のスローガンとは裏腹な、すごい格差の現実、差別や蔑視の現実だ・・人間とは愚か・・だなとかこれほどの格差社会に ...

昨日近くの福祉センターの温水プールに息子と泳ぎに行った息子はなぜか2、3か月前から将来は水泳選手になるんだと言いだしているあれほど水がきらいだった息子が・・(小学校低学年のときには水しぶきが顔にかかっただけで泣いていたのに・・)僕が左手が動かず、泳ぎの「 ...

人間、許しが大切なんていうけれど、人を許す自分の人生を許す自分の病気を許す自分にふりかかかってきた災難を許す自分を裏切った人間を許す・・などなど・・実際(何か)を許すとなるとさ・・許す限度なんて持ってっちゃいけないんじゃないかなって思ったここまでは許すが ...

昨日からネットニュースで俳優の今井雅之が末期癌のステージ4を告白と言うニュースが流れているその中でも以下のニュースは読んでいてキツかった・・Yahoo!ニュース 今井雅之「殺してくれ」と安楽死求めた「悔しいなあ、と。生きていることがこんなにつらいと思ったことは ...

見かけ、ええ天気やけど朝から疼痛が酷く吐き気までする・・何でかなってネットで天気図見たらやっぱり・・太平洋に2つも低気圧がある・・(>_<)その上梅雨前線も走ってる・・明らかに気圧が変化中・・しんどいわけや・・このシンドさかなわん なんか癌か何か他の病気でもあ ...

先の見えない不安って皆あるだろうけど・・・僕も脳出血で半身麻痺の障害者になってしまったときこれからどうなるだろうという不安でいっぱいだったでもよく考えて見えるとそれは本当は先が見えないことに不安だったのではないことに最近気が付いた先が見えないなんて障害者 ...

不思議に思うこと、、あの(悪名高い?:少なくとも僕は最悪だったと思う)民主党政権下での事業仕分けの結果責任は誰も負わないのだろうか?本来なら日本の重要な科学技術のひとつが新たに開発されるはずだった事業が、あの事業仕分けにより廃止された影響で、その技術の中枢を ...

脳出血で半身不随の障害者になってから、この6年よく考えたら、一度も走っていないのだ・・だって走れない身体だから・・当り前かそれにしても健常者の頃、僕はよく走っていたと思う元々体力には自信がある方だったし脚力もそこそこあった仕事にしてもフットワークが良かっ ...

人は不安になるなぜなら、たぶん人(僕)は(できもしないのに)未来を自分勝手に予測しちゃうから・・そして過去を悔やみ、未来を嘆くのだと思う・・過去は終わってしまったし、未来は分からない大事なのは今この瞬間の判断だと思う僕も脳出血になって「障害者」となったと ...

僕は物心ついた頃には朝起きるとお袋も親父も既に仕事していてお袋は7時頃に仕事から戻ってきて朝食の支度をして、皆で朝食を食べお袋は8時半過ぎにはまた仕事に出て行ったといっても両親は自宅から100mほどのところに縫製工場を持ちそこで仕事をしっていたから会いたい ...

さっきまでNHKで「メルトダウン」という福島第一原発事故の原因究明のドキュメンタリー番組をやっていたけどやっぱり、わからないなぜ、政府(経産省?)が原発推進に固執するのか・・一度事故が起きるとあれほど予測不能で且つ収集不可能な事態に陥る非常にリスキーな原 ...

ふと、思った事、、経済ってこの先どうなるのだろうか?正しくは、、資本主義経済ってこの先どうなるだろうか?って最近思うことがある。今、アベノミクスとか言って金融緩和してるけど、これほどまでに金利を下げて資本主義経済は大丈夫なのだろうか僕は経済の専門家じゃな ...

先日、久々に東京に上京してとある企業に行くとき結構歩いたといってもせいぜい1.5キロくらいでも僕にとっても地獄のような距離だった歩けば歩くほど麻痺側の左脚が痺れてきて、後半はほとんど感覚がなくなり、足がどの方向に向いているのかも分からなくなり、盲人用のタイル ...

自分が苦境や苦しみに陥った原因を人は外部(他人や自分の環境)のせいにしがちだあいつのせいで、・・政治のせいで・・生まれた環境のせいで・・でも、それは違うと思うようになった「外部のせいで・・」とか「あいつが悪い、憎い」と思う心が自分を苦しめているだけなのだ ...

自己破産で僕が思うこと・・免責は受けても罪は消えないと僕は思っているそんなことを考えるのは、ある知人の自己破産者の事を思い返す度にそう思うのであるどいうことか確かに免責は法律的に責任がなくなる事であるでもそれでその人の犯した過ちの罪が消えるのか?といえば ...

苦境やピンチのストレスが創意工夫を生み出すこれは僕が作った僕自身の事を表す言葉だ。ピンチになり、八方塞がりの状態になったとき、誰しも「救い」を求めたくなるものだ。そして(あまりに苦境なので)打開策を考えるのもイヤになるものだ。僕自身、脳出血で倒れ半身不随 ...

先月28日に書いたアメンバー限定記事の会社倒産の真相記事を公開しました。もう一ケ月も経過しているし、元社長の破産手続きもそろそろ一段落しているだろうからほとぼりも冷めた頃だと判断し、公開しました。 ...

今回の信じられない会社の倒産劇のおかげで僕はある自信を持った・・この半身不随の身体で倒産寸前の時期に会社の債権者会議にヘタレの社長の代わりに(無理やり委任状を書かせ)一人乗り込んだ。事前に特急で片手で20ページもの資料を3日で作成して乗り込んだ結果、あまりに ...

障害者になってからの僕はよく、いわゆる考え方が右傾化したと、ときどき言われる確かに前記事のように憲法第9条なんて撤廃すべきだと思っているし、日本は核武装すべきとも思っている。それは右でも左でもなく僕は中庸だと思っているこんな風に言えるのはたぶん、脳出血とい ...

↑このページのトップヘ