思うがままにならぬ事を

思うがままにしようとして
思うがままにならない事が
 
 
ご存知の方であれば
よく分かられている事でしょうけど

これはあの釈迦が言ったと
言われている人間の「苦しみ」の事を
指す言葉です。

この言葉が今の僕に
痛い程分かるような気がする

思うがままに動かないこの身体を
思うがままに動かしたいと思い
苦しんでいる。

思うがままにならない人間関係を
思うがままにできないから
僕はきっと苦しんでいる

釈迦の言う思うがままにならない事とは

「生、老、病、死」

だけれど
人類も科学の力でなんでも
思うがままにならないでいる

地球温暖化や自然災害
今回の大阪で起きたような地震
なども(思うがままに?)予知しようと
しても、どうにもならない

病気なら癌なんかも必死で研究して
思うがままに治療しよう
としているけれど
結局助からない。

最近なら、アンチエイジングなどと言って

若々しく元気に老いる事が
素晴らしい事と言わんばかりに
無数の健康食品や健康法が
溢れているけれど
結局皆老いる。
「元気に」老いる人なんて
いるんだろうか?
少なくとも僕の周りの人達は
老いると、必ずと言って良い程
病や身体の不具合に苦しみ
やがて必ず死んでいくではないか

そんな思うがままにならない事だと
知る事が苦しみを無くす為に必要だと
言うけれど、
何とかしたいと思うのも人間だと思う

僕の脳出血の後遺症の
半身不随や疼痛や強烈な痺れ、、

何とかしたいと思いもう10年近く
リハビリをしているけれど
ほとんど何も変わらない
だから未だに苦しんでる

それが人間なんだろうな
ただ、なるがままに
因果応報に従って生きて
死ぬんだろうな