「死ぬ事が良いのだろうか、それとも医学により生きている事が良いのか」

ほとんどの人はどんな事をしても生きている方が良いと答えるであろう。
しかし、僕の経験上、

生きている方が良いという判断はあくまでも

当人の判断ではなく、周囲のある意味、

自己中心的な判断、

つまり生きている人間の

単なるエゴイズムなのではないか

と考えるようになっている。

 

ほとんどの人の場合には死にたいという当人は

死ぬ事で「楽」になるかもしれないけれど、

残された親族や家族に対して

激しい悲しみや心の傷を残すことになるから

生きていた方が良いという理屈だろう。


しかし、僕のように脳出血で死に損ない

障害者となっても生きていたからといって、

本当の親族や家族を

悲しませず、

心の傷を与えないでいる事は

本当に出来るのだろうか?

 

僕はいわゆる現代医学によって脳出血起こしても、現在でも生きていることができている。

 

しかし、生きているとはいっても

僕は本来いわゆる大黒柱である。

健常者だった頃は確かに

家族にとっても

両親にとっても大きな柱の役割

をしていたと思う。

 

その大きな柱が死んでしまう事は

確かに残された人にとっては

悲しいことであろう。

しかし、その「大黒柱」が

現代医療によって今、生かされている

ただし、それはあくまでも障害者としてである


障害者になったよ人間が

過去の健常者の時のほど

経済的柱になるなることは

ほとんど不可能である


僕は障害者になった事によって

自分の会社を倒産させてしまったし、

そのせいで、

当初は収入一時期無一文になってしまった

たとえ生きていたとしても、

そのような状況に陥ってしまったときには、

様々な問題が起こるものである

 

もちろん障害者になってしまった当初は

新しく会社を立ち上げ直すなどということは

考えもしなかったので殆どの障害者と

同じようにハローワークで障害者求人枠

から仕事を探したものである。

しかし、残念ながら企業が障害者枠として

求人するのはあくまでも

法律的な義務からであって、

決して企業は、どんなにキレイ事を

アピールしていたとしても、

その本音は積極的に障害者雇用をしたいなどと

と考えていないということを理解した。


なぜなら、障害者向け求人のほとんどが

最低賃金のアルバイトのような

しかもだれにでもできる単純作業の仕事

ばかりだったからだ。


そんなようなことだから

当然僕の収入は激減する。
だから最低賃金でアルバイトの

ような仕事をするくらいなら、

こんな半身不随の身体であっても

自分で事業を興した方がよりは

マシだと考え個人事業を立ち上げた

もちろんこんな半身不随の身体で

個人事業を立ち上げたとしても

家族が満足するほど

大して儲けられるものではない。

 

そのため、それがまた親族や家族に

おけるトラブルの種となるのだ。

障害者になった当初は家族や親族は

いたわってくれる姿勢を

見せてくれてくれたけど、

時が経つにつれて、

やはり大黒柱としての役割を

求めてくるようになってくるのだ。

そうなると家族や親族に

不満が溜まるようになってくる

それは家族や親族にとってはたとえ死なずに

生きても生きていたとしても

不幸の元だと思う

 

もし脳出血を起こした時に死んでいたら、

おそらく僕の過去の健常者だった時の

僕ことを美化して

「惜しい人を亡くした」とか

「生きていればすごい人間になっていただろうに」 などと、

美しい思い出と生きていたら夢のような

将来を実現できただろうなどと、

いわゆる幸せな美しい思いを

親族や家族はしていたかもしれないと思う。

しかし、実際に障害者として

生きている(生かされている)と

大した稼ぎもない介護もしくは

支援をしなければならない対象

になってしまい、

それがまた親族ら家族の負担に

なってしまいトラブルの種となるのだ。

僕も時々こんなことになるようであれば、

あの時死んでいればよかったなど

と思うこともある。

そんなことを考えると大病を患ったときには

医学により生き残る事が良いのか、

それとも死んでしまった方が良いのか

と疑問に思ってしまう。

 

その結果、やはりそのようなときには、

現実的には死んでしまった方が

自分にとっても周囲の人にとっても

幸せ(自分にとっては障害者として惨めに生きる辛さから解放されることによる幸せ)

になっていたのではないかと思うのだ

つまり生きていて欲しいという大病を患った

当人の周囲の希望であり単なるわがままとしか

思えない。大病を患った当人が生き残る事による

当人に訪れる苦しみや家族が幸せになれないことなどどうでも良いのだ。