残念な展開だった・・と思っている

今回の東京都都知事選・・だ

それは

脱原発がほとんど争点ならなかったこと・・



あるニュース番組で女性キャスターが

今回、脱原発がほとんど争点ならなかったことについて

こんなコメントをしていた



やっぱり電気料金が上がるのはちょっと・・と思ってしまう

とか

電気料金が上がると景気回復に水を差すので

なんとか安全に原発運転を・・


という方向のコメントだった

これを聞いた僕は・・

私は今の大量消費・エネルギー浪費による物質的豊かさを捨てたくない!

だから、そのためには原発のリスクも負っても良い!


と言っているように聞こえた。

やっぱり

喉元過ぎれば熱さ忘れてる


って感じだ・・

彼女の頭の中では脱減原発=電気料金アップ=景気腰折れ

という構図になっている

僕は

なんで!?

って感じだった

だってつい一年ほど前まで

発のコスト計算は間違っていた!

って

大騒ぎしていたのに・・

こんなことを言うからである

若くして健忘症か!・・


ニュースキャスターでさえ、

そんなことを言うのだから

一般の東京都の都民も

同じようなものだったのだろう



最近の記事にも書いたけど、

原発の放射性廃棄物の処理コストは

ま未だに完全に計算もできていない・・


保管期間10万年~20万年の保管コストのことである・・

いつのまにか忘れている?

無視している?

100歩譲って、この件は忘れていたとしても

汚染水処理問題は現在進行形の問題だよ

それさえも無視?

汚染水処理方法は現在さえも

まだ全く先が見えていないのだ。

今も建屋には1日約400トンの地下水も流入しており、

新たな汚染水となり増え続け。 汚染水は流出し続けている。

貯蔵用タンクも無限にあるわけではない

いつか限界がくる

そのときど

うするか

まだ何も決まっていない・・

そんな状況はどう考えているんだろう・・

全く、不思議である。。

ニュースキャスターでも

ジャーナリストの端っくれでしょ

そえれくらいの情報は知っているはず・・

それともやっぱり

見て見ぬふり?



いいのかなぁ・・




僕は根本的に景気回復なんて必要なのだろうか

って疑問に思っている



安倍政権は景気回復、景気回復、景気回復って

っ叫んでいるけど

そもそも、、、

そんなにみんな貧しい生活をしているの?

って聞きたい・・

先の大戦直後や戦前、いやそれ前も含めて、、

人類の歴史を振り返って

現在の日本ほど

(物質的に)豊かな時代なんて人類史上なかったんじゃない?

今の時代は

アメリカ的大量生産・大量消費、

そして大量廃棄!=大量浪費(エネルギーも含めて)


の波にみんな翻弄されていると思う。


モノ、モノ、モノ

そしてそのモノの

コマーシャル、コマーシャル、コマーシャル


食いもん、食いもん、食いもん、

そしてその食いもんの

コマーシャル、コマーシャル、コマーシャルが溢れかえり

翻弄ンされ、消費している

そして、

廃棄、廃棄、廃棄、

ムダ、ムダ、ムダ、

そんな浪費世界に人間は埋もれていると思う


僕が初めてそのことを疑問に思ったのは

30年前の20歳のとき

マクドナルドでアルバイトをしたときだ

ご存じの人も多いかと思うけど

マクドナルドではフライドポテトは7分経過したら

廃棄するのだ・・

理由は揚げたてをお客様へという

「品質維持・管理」という旗の元に一日に

大量のフライドポテトが捨てられていく・・

フライドポテトだけではない

ハンバーガーもだ

何分だったかはもう忘れたけれど

一定時間(少なくとも30分以内だったと思う)

で捨てられる


僕が勤めていた店舗は大阪みなみの

心斎橋あたりの店舗だったから

一日で廃棄されるハンバーガーや

フライドポテトの量たるや尋常ではなかった


さすがに僕は

こんなこと「(まだ十分食べることができる)大事な食糧を捨てる)」

して良いのだろうか・・

これだけのハンバーガーと

フライドポテトがあれば、

アフリカの飢餓で亡くなる人を

何人も救えるではないか

と大量の廃棄ハンバーガーの前で

本当に疑問に思ったことを

今でもハッキリと覚えている




貧困・格差が問題になっている?


ウソ!?

貧困?

どの程度?


何年か前に

「小泉改革せいで?」若者が非正規雇用に陥り

貧困になったとメディアが騒いでいたころ、

蟹工船ブームになったことを覚えている

これにも違和感を覚えていた

若者はたぶん

蟹工船労働者に、共感し、自分達と同一視、

重ね合わせてみてブームになったのだろう

そしてメディアも

若者の状況=蟹工船の労働者の状況=社会や政治に抑圧されている

という構図を作り上げ、騒いで政治批判していたように思う

病気を抱えている人や、たくさんの子供を抱えて

過剰なハードワークを強いられているお母さんなどが、

蟹工船に共感を覚えるのなら、まだわかる

蟹工船の時代背景って

あの蟹工船労働者は国家権によって

言論、政治信条、宗教など様々な自由は、

厳しく制約され、様々な自由を(本当に)剥奪され抑圧され、過

酷な業務環境の中、

暴力という形で、実際に生命を脅かされていたのだ。

いわれなき差別も存在し、

社会的底辺から抜け出す為の情報への


アクセスも非常に難しい状況だった

でも・・

今の若者の貧困層と言われる人たちは

あの時代とは比較にならない自由を享受し、

教育を受ける権利も機会も与えられ、

しかもインターネット、その他マスメディアで

色々な情報も入手できる

そんな状況の若者が蟹工船労働者と

自分を重ね合せられること自体に

僕は違和感があった。

五体満足な健康体であるにも関わらず、

何らかの理由(なんとかできる理由だと僕は思う)

で学歴や能力が取得できないため

正社員になれず、非正規となり高い報酬を得られない

そんな状況の原因を

自分自身に求めるのではなく、

社会や政治(小泉改革)などの

外部要因のせいにしていた

そんな外部要因のせいにしている限り

経済的にだけでなく、精神的にも

貧困なまま

永久に抜け出すことなんてできないのではないだろうか

話がめちゃっくちゃ逸れたけど、



今の時代・・

本当に景気回復が必要なの?

不景気で本当の貧困なんてそんなにあるの?

というのが僕の疑問点である


これ以上貧困になりたくなから

電気料金が上がる可能性のある

脱原発を(原発リスクを抱えても)あまりしたくない

(上述の通り、「脱原発=電気料金アップ」いう論理にも

基本的には僕は反対なのだが・・)

100歩(いや100万歩くらい)譲って

仮に原発推進=電気料金ダウンとしても

今、電気料金ダウンさせて

景気を良くする必要が今の世の中あるのだろうか

という根本的な疑問・・がある

僕にすれば
「景気が良い=大量消費・浪費の促進=人間の怠惰の促進」
だから・・

などと思っているから・・

などと偉そうに言うものの

自分自身この電大量消費されている電気エネルギーの


恩恵に授かっており、授からないと生けていけない


だってエレベーターもエスカレーターも

動かなくなったら、そしてこのPCも使えなくなったら


僕はこの身体ではたぶん、

今の100分の1の仕事もできていないだろう

歯に衣を着せない僕の中学からの大親友が

言ってたっけ・・

お前、今の時代じゃなかったら

とっくに姥捨て山に捨てられてたぞ・・

昔は鍬を使えない人間は

役立たずのゴミだったからな。。

と・・


僕も電気の恩恵に綾かっているだけに

複雑な気分だ・・




記事が長くなった・・・・・

だから

東京都都知事選の展開が残念だった

と言いたかっただけだったのに・・

長すぎや・・この記事(^_^;)