今朝、

自分の生き甲斐がまさか再生可能エネルギーの普及

になるとは思ってもいなかったという記事を書いた矢先

今日、再生可能エネルギーの普及だけではないのだ

ということに気付かされる場面に出会った・・

まさしく予測不能な人生だ

というのも

今日アメリカの友人が帰国したので会ったのだ

久しぶりに会ったので最近の再生可能エネルギー

特に太陽光発電のの普及の事を話題にした

ところが

その友人は・・

太陽光発電の話には目もくれず・・(少しは興味を持ったようだが)

前に話していた水の浄化技術はどうなったかと

聞いてきた

そうだ!

そういえば僕は

日本の環境技術全般の世界への普及

なんてことを(身の程もわきまえず・・)大胆にも考えていたのだった・・

ということを思い起こさせてくれた


友人曰く、

太陽光発電なんてもうめずしくもない

これからは「水の確保」「水の浄化」が世界でも必要な技術であると

エネルギーよりも水なんだ

日本に住んでいると気付かないけれど・・

世界のほとんどは「水の確保」「水の浄化」に困っているのだ

これからの時代は「水」の利権確保で戦争さえ起こるかも知れないと言う

水・・

そういえば2年前

僕は自分の集めた日本の環境技術情報の中の移動式の海水飲料水化装置を

東日本大震災直後の石巻に導入に関わり、リハビリ病院から退院1年目にも関わらず

無謀にも石巻まで赴いたんだ

そのときの事をこのブログ記事にも書いていたんだ!(忘れてた・・苦笑)

石巻市の惨状とひとり活躍していた飲料水化設備


友人は更に・・

これなら世界に売れる!と太鼓判!

すぐに資料を送れとの事・・

思いもよらぬ展開だ・・

福島原発の問題と電力会社の値上げ問題に気を取られ

エネルギーにばかり注意が向いていたけれど・・

水・・

という今後の世界にとって重要な問題とそれに取り組もうとしていたを

てっきり忘れていた・・

太陽光発電、大容量蓄電池・・そして更に今度は浄水化技術・・

いきなりやることが増えてきた・・

でも、思いっきりやりがいはある!

大変だなんて言ってられない

さぁがんばろう・・

先の記事に紹介した石巻に導入した飲料水化設備以外にも

最先端で且つ高機能なしかも日本の一企業しか持っていない

浄水化技術もあるし、その企業ともつながっている

アフリカのようなところだけでなく、アメリカでも水の問題は深刻らしい・・

どこまでできるかな・・

やれるだけやるしかないか

思わぬ展開・・

本当人生は不思議なものである