昨日、屈辱、憎しみ、悲しみ、怖れといったネガティブな感情をバネに

「生きるエネルギー」を持つということについて書いたけど、

このネガティブな感情をバネに自らのエネルギーに変えた「人?」

にあんまり良いイメージは無い・・

例えばあのヒトラー・・

青年時代に不遇の時期があったそうだ・・

20世紀初めにウィーンで不遇の青年時代を過ごした際、

約3年間にわたって利用したホームレスのための簡易宿泊施設

メルデマンシュトラーセ宿泊所が今年いっぱいで閉鎖されることになり

1908年にウィーンに来たヒトラーは美術学校の受験に失敗、

所持金も使い果たしたため1910-13年、

この宿泊所に身を寄せ、自作の絵はがきなどを売って暮らしたと聞く




やっぱり、ネガティブな感情をバネにすると良くないのかなぁ・・


そしてもう一人・・これは架空の人物だけど、

あのスターウォーズのダースベーダーことアナキンスカイウォーカー・・

このストーリーでも

若きアナキンスカイウォーカーが母親を殺されるなど、

不遇の青年時代を送っている設定になっている

その自分不遇の人生に憎しみを抱き、それは周囲への憎悪に変わり、

心が暗黒面に堕ち、強い憎しみなどのネガティブな心をエネルギーとする

悪の化身となり、ダースベーダーになってしまうのだが・・

でも 

ヒトラーにしてもダースベーダーにしても

どちらも僕なんかより、すごいご知性も力も元々あった

その卓越した知性を悪い方向に利用したから悲劇を起こした・・

という点を考えると

僕なんて、そんな知性はないし

ただの凡人・・、

だったらネガティブな感情をバネにして生きるのも良いかな・・

なんて今日は考えていた。。

やっぱり、元来、お人良しの僕にはほ「負けてたまるか」精神がもう少し必要だ・・と思う(苦笑)

そもそも僕が負のエネルギーを爆発させたところで、世界が破滅するわけでもないし、

それどころか、世の中な~んにも変わらんし、、