障害者になった事によるあらゆる苦悩をから逃れたい・・

痛み、不自由、屈辱感、自己嫌悪、

これらの苦悩や苦しみから逃れるためには・・

やっぱり

「我」を捨てなければならないとあらためて思う

少なくとも中途障害を負うということは

あらゆる場面で屈辱感に苛まれ、自尊心も大きく傷つけられる

だから、

そんな自尊心やプライドなどというものさえも

捨ててしまわなければならない

そんなものは捨てないと

身体だけでなく、

心までもが傷だらけになってしまい

生きていけないから・・



自分を苦しめる根源は「我」の存在であるとつくづく感じている

だから、

やっぱり「我」を限りなく捨て去る必要があると確信に近いものが僕にはある

物理的な痛みさえも「我」を本当に無くすることができれば、

痛みに苦しむことも無いのではないかと僕は思う

心頭滅却)すれば火)も亦涼)し

の状態に持っていかなければならない。


じゃあ「我」を捨てるということはどういうことか・・

自分の持っているモノを捨てることであるかもしれない

それは精神的なプライドやこだわり野自尊心も、

そして物質的な所有物も含めて、

全てを一旦捨て去らなければならないと思う

なぜなら、自分の持つ所有物には自分の精神的な「こだわり」や「思い入れ」

なども含んでいおり、そこにも自分を苦しめる根源があるから・・だと考えている

僕はこれまでにも既に多くのモノを捨ててきた

正しくは「喪失」させれれたと思う

最低限の身体機能はもちろんのこと

自分の会社・・

そこ(会社の清算)から派生する様々なモノ

そこには自尊心もあったし、

こだわりや思い入れもあった

そして、夢もあった

でも、そのすべてを喪失させられた

これらの「喪失」は言葉にできないほど苦しいものであった

だから、これ以上何を捨てれば良いのか?

とも感じるが、

それでも釈迦の言う「空」の境地にはなり切れていない

もちろん生身の人間だから、そんな理想の境地「空の境地」になんか

永遠になれっこないことは理解している

それでも、永遠に到達できない分かっていても

その理想に向かう道をひたすらにもがき苦しみながらでも

歩み続ける事とこそ人生の修行というものではないかと思う

リハビリにしても同じようなものだと思う

現代医学において一度「完全麻痺(ある運動機能のための脳の運動野の細胞が完全に死滅する)」

になった脳卒中患者は

どんなにリハビリをしても、

残念ながら今の医学では完全回復した事例はない

完全回復の見込みがほとんどないと分かっていても、

やり続けなければならないのがリハビリだ


なぜなら、リハビリというものは

やり続けなければ

その身体機能は廃用症候群によって

今以上にその身体機能が落ちるからだ・・

今のこの半身麻痺の状態を維持するだけのために、

僕はリハビリをしなければならない

これを永遠に目標に到達できない修行と言わず何というのか

この何ともバカらしいとさえ思えるリハビリを続けるためにも

「我」を捨てなければならない

「我」なんかが存在するとこんなことはやっていられない

でも、やらざる得ない

なぜなら、これは僕の「修行」の道だからである

と思うようにしている

そうでも考えていないと

本当に生きていられない・・

日々(ほぼ毎日のように)

何らかの屈辱感に苛まれ、

自尊心も大きく傷つけられる

そんな人生なんて・・ね

だから誰が何と言おうと僕の理想である「空」のような境地に向かうため

歩き続けたいと思う

今、この瞬間の苦悩から逃れるために・・

そして本当の笑顔を取り戻すために・・

「全てを捨てる」覚悟を持ち続けたい

それは自分自身で自分を救うためでもある

神や仏に救いを求めるのではなく

あくまでも、自分自身で自分を救うために必要な事だと考えている