今日はなぜか、左半身不快の嵐のように不快である。。
半身不快の塊のようである。

天候の変化が原因か?

痛いわけでもなく、痛いような、痺れるわけでもなく、痺れるような
痒いわけでもなく、痒いような

言葉にはとても現し切れない
表せるならただ「不快」としか言いようがない。

僕は重度の、感覚障害である

痛覚、触覚、温感、冷感
といったすべての感覚がめちゃくちゃになっている

例えば、
冷たいものが痛みとして感じる
手を、触れられているのに、腰のあたりを触れられているようにも感じる
指が手の平に触れているだけなのに
指が手の平やな、突き刺されているような激痛を感じる

もうめちゃくちゃである。
これらの、めちゃくちゃな感覚が左半身中覆われるのである

それはもう、言葉では言い現す事なんてできない

ただ、不快としか言いようがない。

いや、苦痛である

左半身全体か苦痛である

強い弱いはあるけれど。少なくとも毎日この苦痛に見舞われている

我ながら、自分よく耐えていると感心する
だが今日は特に不快で、苦痛だ

苦痛のあまりベッドの毛布を口に押し込み声をださないよう耐えている

感覚障害、、

感覚(いわゆる五感)とは人間にとってこの世の中を感知する機能である

その感覚がめちゃくちゃになっているのである

実に不快である

実に苦痛である

感覚障害とは残酷なものである

なぜにこれほどまでに僕はくるしまなければならないのか?

苦痛に覆われながら、
そんな疑問だけが僕の頭をよぎっている
脳を損傷するとうことはこういう事
(世の中をきちんと認識[感知?]できないようになってしまう事なのか?

なんか生きている気がしなくなるのである。。

今日は特に酷いなぁ、、

ときどき考えるんだ、

この損傷した感覚野とか、全ての脳細胞が損傷してしまったら、
つまり、完全に脳死してしまったら
この不快も苦痛も全て無くなるんだろうなって、、

そうしたら、どんなに楽だろうってね。

考えちゃいけない事なんだよね。

天命が尽きるまで、一生この苦痛と不快とは付き合っていかなければいけないんだ。

闘い続けなければならないんだ

それがきっと僕に与えられた運命なのだから、