自分の荷を軽くすることは、それだけ他人の荷を重くすることにしかならない。

人間の世の中なんてそんなものだと思う

そんな風にお互い相互依存で成り立っているものだと思う

会社の上司・部下の関係でも同じだと思う
管理職になって、部下に仕事を任せる事で仕事全体が効率良くなっているように思うかも知れないけど、所詮は自分の荷を軽くした分、部下の荷が重くなっているだけの事
人間の(心も身体も含め)負荷として考えてみりゃ、どこかに負荷が偏っているだけで、全体としちゃ何も変わっていないというような事もあるだろう
会社組織の中だけでなく、自社の効率化をできたとしても、結局のところ、自社の重荷を軽くした分、取引先や関係会社の荷を重くしているだけかも知れない。全体としてみれば、業界全体は何も変わっちゃいない事だってあると思う

家族だって同じだと思う
自分の荷を軽くすることは、それだけ他の家族の荷を重くすることにしかならない。

実際のところ、人の世の中なんてそんなものだと思う

だから、どんなときでも図に乗っちゃいけない

どんなに「偉い」人間だって
よくよく見れば、
どこかの誰かに支えられているから
今の自分があるって事を忘れちゃいけないと思う
そういう縁の下の力持ちって必ずどこかにいるものさ

そして、そういう縁の下の力持ちに限って表舞台には出てこないものだ

だから、誰も気付かない

そういう人たちが今の世の中を

本当の意味で

支えているのかも知れない