今日、何気なく僕の友人が

「早く障害に慣れなきゃね!」

と僕に言った。

友人は、励ましのつもりで言ってくれたのであろう

でも咄嗟に僕は思った・・

やっぱりそう思ってるんだ・・と


「そう」とは、

障害は、月日が経てば「慣れる」事ができるものだ・・と

以前も記事に書いたけど、僕が健常者の頃、思っていた事と同んなじだ。。

でも障害に「慣れる」なんて事は絶対にありえない。

何年経とうが何十年経とうが・・

絶対に慣れるなんてことはない

僕の知り合いの右麻痺20年の人も

未だに苦しんでいる。20年経っても


障害になんて「慣れる」ことはないのだ




なぜなら・・

麻痺した左半身の(動いていた)イメージが(いつまでも)残っているからだ

これは「こだわり」というものとも全然違う。

僕の脳には健常な頃の「身体イメージが」厳然と残ってるのだ・・


これは取り払うことはたぶん無理だろう

そのイメージ通り、動けない限り、

慣れたり、受け入れたりできるものではない。

これは健常者の方に言っても理解不能だろうと思うけれど・・

こんなのが例えになるのかどうかわからないけれど、

たとえば幼い頃から皆、注射は何回もしているだろう

でもいつまでたっても注射の痛みに「慣れる」ことなんてない

何年経っても僕の左半身は僕のイメージに残っている

そのイメージ通り動けない限り・・

永遠にとまで言わなくても、少なくとも死ぬまで「不自由」を感じ続けるのだ。

また、「慣れる」という事は

身体が健常だからできることではないだろうか

環境適応とでも言うのだろうか

その環境適応ができなくなったのが僕の左半身ではるならば、

慣れる「環境適応」事は障害が元に戻らない限り、

いつまでもできないはずだ

ま、いっか・・

いくらこんな事を話したって永遠に分かってもらえるものではない事は

自分が一番よくわかっているはずなのだから


たとえ、

「慣れること」ができなくても、

「受け入れる」ことができなくても

辛い。悔しい事があっても、嘆かず、悲観せず

それを「受け止める」ことはでき始めているようだから・・


あえて言うなら

「慣れる」事はできていなくても

「日々出会う悔しさ」や

「日々感じる不自由さ」や

「いつも続く痛みや痺れ」に

少しは「耐える」ことはできるようになっているかもしれない

でも

「耐える」ことはできるようになっている事と

「慣れる」ということは、全く別次元の事だ。