最近、日本人は謙虚さがなくなってきているのではないかと感じます。

他人を敬う気持ち・・大切だと思う。

たとえば上司を、先生を、敬う気持ちがなかったら、
たとえそれが「本当に良いこと」を言ってくれていたとしても・・
その人の言う事を聞く耳を持つことができないでしょう。
これは人生において大きな損失だと思います。
敬う気持ちを持つことによって、「聞く耳」をもつことができる。
そうすることによって、結果として
たくさんの知識や知恵を自分のものにすることができるのだから・・
最近は、総理大臣さえも尊敬する風潮にはない。
確かに失政やそれを極端に煽るメディアの影響もあるだろうが本当にそれでよいのだろうか。

学校の先生についても同じことがいえると思う。最近の生徒は先生を敬うという心がないように感じる
親でさえ、学校の先生を馬鹿にする風潮があるように思える。
これでは生徒が先生の言うことに聞く耳を持つはずがない。

そして学校を軽視して塾に通わせる。何か間違っているような気がする。


「謙虚さ」は日本人の特性ではなかったでのではないだろうか。
 世界に誇るべき特性だと思います。
西洋人や、中国人の特性として「目には目を」「歯には歯を」という考え方が多いように思う。
それでは何の解決にもならないことが多い。戦さをして決着をつけるしかない。
そして勝った方が正義で、負けた方が悪となってしまう。
それで負けた方は納得するだろうか。
日本人はもっと謙虚で敵の「理」に耳を傾け、知恵絞り、双方が納得できる形で解決するという
能力があったように思うのだが、こんな考え方はグローバル化した現代では間違いなのだろうか。



例の尖閣諸島問題についても同じことが言えるように思う。

あの事件(過去の毒入り餃子問題などの事件もあるだろうが)で日本人は、
中国人を侮蔑する傾向にあるように思う。

自分が侮蔑する人に対して、ちょっと見方を変えてみるのも面白いと思う。
能力のない人間だと思っていた相手と「もしかしたら能力があるかもしれない」と思って
相手を見てみると、不思議と違って見えるものだ。結構良い点が見えてきたりするものだ。

いずれにしても僕自身は、奢ることなく「敬う心」を忘れないように努力したい。