覚悟を持って事に当たることが大切であるなどと言われる

また覚悟を持って事に当たれば、イザというときにうろたえることがなく、
冷静に事を進めることができる
。ともいわれる。

しかし「覚悟」とは一体何だろうか

死んでも良いという覚悟?」
失敗してもよいという「覚悟?」
周りに批判されてもよいという「覚悟?」

いろいろ考えられるけれども「覚悟」という意味をはっきりと掴めないでいた。
そして僕は、最近こう持っています。


「覚悟」とは
「最悪の事態に陥っても乗り切れる方策を持つことによる自信」
と考えるようにしました。

経営や政治においても、「最悪の状態を想定して準備し事に当たることが大切」
といわれるが、このことではないかと思うようになっています。
昔、経営コンサルティング会社に勤めていたころ。

経営戦略とは
最悪の状態を陥ることを想定し、その事態を打開できる考えられるありとあらゆる
オプションを用意しておくこと。
と習ったことがある。

「最悪の状態を想定する」ということをネガティブ思考、後ろ向きな考えと批判する
人もときどきいるが、最悪の状態を想定し、万が一そうなってしまったとき対応できる
準備をしておくと、「何が起こっても大丈夫」という気持ちになれ「楽観的になれる」
そこには考えに考えた「工夫」が必要になる。
しかしこれは決してネガティブ思考ではなく、最高のポジティブ思考ではないだろうか。

「工夫して乗り切る準備をしておく」ことが最も気持ちを楽観的にさせ。冷静な判断を
できる状態ではないだろうか。

何の根拠もなく「まあなんとかなるだろう」というのは「脳天気」なだけで「楽観論」でも何でもない。
「まあなんとかなるよ」こんなことを言って「俺は楽観主義者だ」という人に限ってイザというとき、慌てふためき、冷静さを欠き、結果としてまさに「どうにもならない状態」にやってしまうのではないだろうか。

今の政府は、マニフェスト耳に聞こえの良いことばかり並べたてているが、
最悪の事態を想定した危機管理はできているんだろうか。
隣国の北朝鮮による攻撃事件に思う・・


ことわざの「転ばぬ先の杖」とはよく言ったもんだ。




僕自身も、脳出血から2年経過し、出血そのものはもう止まり、安定しているようだが、
もやもや血管が消失しているわけはないので、通常血圧でも再出血のリスクは常にある。

災厄は忘れた頃にやってくる・・「準備」をしておかなければならない
と戒める今日この頃です。
僕自身も阪神大震災の被災者でもあった僕なのに、現在心のどこかで油断していると感じる