心に全く傷を持たない人間とはつまらないものかも知れない。
同様にまったくあやまちのない人生も味気のない人生ではないだろうか