1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2010年05月

希望を持たせておいて裏切る・・これほ相手をど地獄に落とすような酷い仕打ちはないと思う。鳩山さんの沖縄対応のように・・これに似たことは民間医療(代替医療)の現場でも起きている。特にがん治療や、私のような脳性麻痺など現代医療では治癒がむつかしい患者に近づいて ...

今、マスコミではiPadで大騒ぎだが・・そんなに革命的な出来事なのだろうか・・単なる情報端末じゃん・・端末がいくら便利になっても、それに載る情報は大丈夫????これ以上人間に大量の情報ソースや情報ツールが必要なのだろうか?情報は物事を判断するために集めるのだ ...

人間は心が痛むことが最もつらい。心が維持できなくて死ぬ。、昔は武士はプライド(恥)のために切腹した。人間は心が全てだ。障害者になって、しかも最近やっと気がついたことである。私は障害で苦しんでいるが、実は身本当の来苦しみは体が苦しいのではないことにやっと気 ...

とにかく、医者から「発症から6ヶ月過ぎると回復は難しい」と言われると、患者にしてみれば死亡宣告に等しい衝撃を受けるもの。そして、リハビリに取り組む気力も萎えてしまう。むしろ、「あなたの場合は3年以上かかります。その間焦らず、息長くリハビリを続けることが必 ...

脳の機能の代償が起こるためにはいくつかの条件がある。 まず、損傷を受けた脳が発達過程の未熟な脳であること。次に、損傷が大脳半球のどちらかに限られていてしかもも大きいとき、損傷を受けなかった側の大脳半球の機能代償につながる。 大脳半球が反対側の機能を代償でき ...

どうにもならないことは、忘れることが幸福だドイツのことわざ ...

今日からこの一年間僕を支えてくれた「言葉」を紹介していきます。人の心は、言葉で大きく勇気付けられます。言葉は心の薬です。でも劇薬になることもある。僕は、茂木鍵一郎の本にあったこの一説が大好きです。「根拠の無い自信でも、脳は自信を持てる」できると信じること ...

ついでに僕のパラオでの「健常者の頃の勇姿?」をもう一枚デザイン変更記念に・・ ...

やったーやっとブログデザイン変更できた~!!!と言ってもヘッダー画像のみこの画像は数年前にパラオで水深25mを素潜りで潜って撮影した自慢の2枚!至近距離からのサメの撮影はさすがに怖かったなぁ・・でも、もう一度潜れる身体に戻りたいなぁ・・ところで、記事の下のGoo ...

人は、苦境に立つと一発逆転を願うものである。特に起業家の場合、必ずひどく苦しい時期が必ず来る。金融機関から大きな借入金を背負い、売上が思うように上がらない。こういうとき人は焦る。一発逆転したいと思う。ここに心の隙間できる。詐欺師(本当は詐欺師ではないのだ ...

やっとiPhoneに使い慣れてきた!僕は片手麻痺なのでiPhoneを片手に持って人差し指デでタッピングができない。太い親指でタッピングするしかなく、タップ位置が微妙にずれ、最初はものすごくストレスがあったが、最近慣れてきた。結構早くメールを打てるようになってきた。こ ...

今日は、家にひとり。。家内は息子の入院に付き添い。。昼飯を食おうと思いんちょっと左手に茶碗を無理やり持たせようとした。ポトンと落ちる。以前普通にできたことができない。。。ムカツク・・こいうことがあると、いろんな事に腹が立ってくる心が乱れてしまう。。。No M ...

またこんなエコロジー技術サイト作っちゃった・・日本の環境・防災技術を持つ企業とその技術の紹介サイトこれで国内情報収集しよっと・・1万円でプレスリリースまでしちゃったし・・ ...

経営者は問題解決屋でなければならない問題が起こったとき嘆くのではなく、「よっしゃ俺の出番や」「どうやって解決したろかな!」くらいの前向きな気持ちにならんといかん。私も脳卒中で半身麻痺になってしまったが、もう嘆くのではなく、「よっしゃ俺の出番や」「どうやっ ...

あ~やっと手術が終わった。。術後ICUで今晩一晩徹夜で看病だ頭にチューブを入れた息子を見ているのは辛いなぁ・・もやもや病・・いったい何回手術すればよいのだろう。。いくら名外科医といっても何回も身体にメスを入れるのはよくないとおもうなぁ・・い ...

明日はまた脳手術だ・・可哀想だぁ・・今回は直接血管吻合といって僕が受け手術と同じ・・直接血管吻合の場合硬膜に穴を開けるから、術後の頭痛が酷い・・僕も72時間死ぬほど痛かった・・息子は大丈夫かな・・僕のような頭痛になったら可哀想過ぎる・・明日はICU徹夜で ...

僕の友人で会社の社長をやっている人がとっても良いことブログに書いてます。下記のブログです。http://ameblo.jp/low-looz/「出来ないのは、捨てれないからだ。」って・・ある意味、すごく痛感するなぁ・・僕の場合は、脳卒中で、いろんなモノを無理やり捨てさせられました ...

今日は晴れやかな気持ちだいつになく・・今日は週に一度のリハビリの日だった。理学療法士さんに「岡下さんは徐々に徐々によくなsってますね」といわれた。これだけで嬉しかった。。自分では去年退院したころと対して変わっていないように思える痺れもあるし、感覚障害もひ ...

No Mind・・無心の境地その逆がtoo Many Mind・・周りを気にし過ぎる気が散っている現代の情報化社会情報が飛び交っている、いろんな情報を入手できる反面、情報に振り回される無心・・になることができれば、物事や事象を冷静に見ることができる煩悩をなくして物事を観 ...

僕の息子は不運にも僕のモヤモヤ病が遺伝してしまった。この病気は脳血管が異常に細くなる病気で、子供の頃は、過呼吸をすると、脳血管のCO2濃度が減り血管が収縮して一過性虚血発作(痙攣、言語障害、半身脱力など)が起こる成人なると、僕のように脳出血をおこすリスクが出 ...

↑このページのトップヘ