1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2010年06月

エコロジーとは・・環境に優しいとは・・最近のエコブームの疑問については以前の日記にも書き綴ってきましたが、エコロジー=CO2削減というのではなくハブリッド車のような最先端の技術や、新規の発明だけではなく、日本職人技術者特有の螺子一本のミクロン単にの公差にも甘 ...

不思議なもので、僕が作った環境技術紹介サイトhttp://my-japan.jpに関する仕事?(まだ収入がないから仕事とはいえないかも)をやっているときは、、麻痺側の痺れが和らぐ気がする。一つ前のブログに痺れの泣き言を書いたばかりだが、My-Japanの業務をしている燃えるのか、 ...

マハトマガンジーの下記の言葉は好きだな今の僕にとっても必要なこと----------------------------------弱い者ほど相手を許すことができない許すということは、強さの証だ---------------------------------相手を許すということには大変な心のネルギーが必要だ。攻撃する以 ...

ここ数日左半身の痺れが酷い正直辛い、辛すぎ・・後遺症のしゃっくりまでひどい・・たかがしゃっくりといえど、24時間しゃっくりはつらい・・胃液が逆流してく苦しい低気圧と痺れ、いったい何の関係があるんだ!たかが数ミリバール気圧の変化ではないか。そういえば昔、小学校3 ...

前日のブログにも書きました、エコとは精巧な職人技による省エネこそが本当の省エネではないかエコ=CO2削減ではないという考えを書きました。今ブームのプリウスに代表されるハイブリッドカーや電気自動の開発に自動車メーカーが各社がしのぎを削っていますが、この電気 ...

最近のエコブームブームと言ってよいと思うその中で違和感があるのは、エコ=地球温暖化防止=CO2削減=CO2削減のための電力化等々間違いではないと思うけど、ちょっとちがうんじゃないかなぁ今のエコブームの発端はアメリカのアルゴアさんの著書「不都合な真実」の衝撃的 ...

今日週に一度のリハビリに行って来た。そこで理学療法士に言われた、筋力トレーニングは意味がありませんよ。。あなたの麻痺足には十分な筋力はあります。。。と脳卒中でサッサと歩けないのは筋力がないからではなく、バランスをとって、二足歩行すつため必要なときに必要な ...

先週、どうしても許せないある出来事があった。僕は怒りに満ち溢れていたでも今週に入り変わった。怒りや悲しみに襲われたとき、僕は下記の一節を思い出すようにしている。見方が変われば、世の中が変わる。行動まで変えてしまう。「見方を変えれば、世界が変わる。敵も見方 ...

今こそ日本のモノづくり企業は積極的海外へ自社技術の情報発信をすべきときです!今こそ日本のモノづくり企業は、自社技術を積極的に海外へ情報発信すべきときです! 私はこれまで健常者の頃、My-Japanというサイトを作り、これまで日本の伝統工芸品などの伝統技術の世界へ ...

最近夜眠ると健常者の頃の自分が出てくる。運動が結構得意だった自分走る・泳ぐ・そして十数メートル潜る昨日夜は桟橋から海に落ち人を得意の素潜りで救助するカッコイイ夢をみた。なんだまだ潜れるじゃないか。夢の中で思っていた。朝、目が覚めるん?やっぱり左半身が動き ...

「感動していないのは生きていないことと同じである」これはあのアインシュタインの言葉だそうです。脳卒中になった私は、その後遺症に酷い中枢性の痺れがある。。もちろん左半身は麻痺しているがそれろよりも辛いのがこの痺れであるこの痺れ損傷した脳細胞が、誤った信号を ...

この地上に棲むあらゆる生き物のうちで人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる人間のみが、自分の運命を築くことができる行動はいつも幸せをもたらすものではないが行動なくしては幸せはない無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、暴力 ...

法律とビジネス。この二つの関係は企業や産業によっては全く正反対の意味を持っている。昔なら、環境関係の規制を厳しくすれば、規制の対象となる産業分野から一斉に反対の声があがるのが普通であった。規制を厳しくすれば、それをクリアするために新しい機器を導入する必要 ...

この地上に棲むあらゆる生き物のうちで人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる人間のみが、自分の運命を築くことができる人は金銭を時間よりも大切にするがそのために“失われた時間”は金銭では買えない強く、そして心から望むこと選んだ目標を信じること自分の心 ...

アインシュタインの一般相対性理論に「浦島太郎効果」というやつがある。猛スピードで移動する物質は時間が周りよりゆっくり時間が進むというのだ。そして気がつくと実際にはものすごい時間が経過しているという。これを浦島太郎効果という。僕は、半身麻痺となり、杖をつき ...

幸福とは、旅の目的地のことではなく旅のしかたのことである影が見えるということは光が射していればこそのことなのだ雨は一人だけに降り注ぐわけではない天才とは努力する習慣を持つ人のことを言う弱い者ほど相手を許すことができない許すということは、強さの証だ他人と比 ...

笑顔っていいね。笑顔は心をほっこりさせる普段はむつかしい顔の人でも笑顔になると心がほっこりする。子供の笑顔は大人を元気にさせるエネルギーがある前向きになれる ...

今日インテックス大阪の省エネCO2削減展に行ってきた。同時開催していたうどん・そば産業展をやっていたので覗いてみたらその中に大阪のおんち食品のたこ焼きうどんなるものの試食コーナーがあった・・なに!たこ焼きうどん!なんじゃそりゃと思って試食を頼むとなんと!うど ...

だんだん自分の身体の変動が理解できてきた。痺れがひどいときはなぜか超鬱になる・・なぜだろう・・痺れがないときは、左手足が動かなくても・頑張れる・・気持ちも前向きになれる。痺れが問題だ!これを解決したいだが運動麻痺のためのリハビリはたくさん情報や文献があるが ...

↑このページのトップヘ