俺はまだ生きている!脳出血で半身不随になった元IT系社長岡下俊介

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2010年07月

今の自分に必要な心構えはこれだ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━希望とは世の中の状態のことではなく、心の中のものである。どんな状況の下においても、価値があると信じ、働き、生き続けることのできる心の状態である━ ...

最近「スローライフ」とかいうものを求めて、田舎暮らしにトライする人がいるが、ほとんどの人が挫折する工業化社会、競争社会というものを否定しいるにもかかわらず、工業化社会、競争社会の恩恵に授かりながら田舎暮らしをするという矛盾残念ながら地球には全人類を養うだ ...

「環境保護」この言葉に最近非常に違和感を感じる地球環境を保護するなんて、人類が地球環境をコントロールできるというなんともおこがましいおごりに感じる「地球環境共生」ならまだわかるいや実際には「地球環境からの防衛」であろう。実際に人類は雨天すらコントロールな ...

世の中は不確実性に満ちているその中で意欲を持つことができるのが唯一人間だと思う意欲こそが創造の源泉であり、人類発展のエネルギーだと思う意欲・・それは不確実性の中で成功イメージができる能力だと思う。優秀なスポーツ選手はポジティブなイメージトレーニングができ ...

日本人は元来アピール下手沈黙を美徳とする歴史があるしかし今は、日本は日本の技術力をアピールしなければならないときであると思う。日本の省エネ技術は世界一だと思います。ハイブリッドエンジンのような画期的な省エネ技術の「発明」がすごいのかというとそうではないと ...

死ぬ瞬間、僕は笑えるだろうか笑えるということは、悔いがないということである。たとえ、他人よりも苦しい人生だったとしても酷い目に合った人生だったとしても、生き方に恥じるところがなければ笑えるのではないか。もちろんどんな死に方をするか分からない死ぬときは苦し ...

昔の武士は「恥」で自らの命を絶った。人間はプライドに命をかけることができる唯一の生き物である恥とは、自分に対する妥協こそ恥であると思う他人と劣っていることは恥ではない障害者の私は他人よりたくさんのことで劣っている街をつきで歩いているとどんどん追い抜かれる ...

今、私やっとは障害者になってしまったことをずしも不幸と思わないようになれつつあります。もし脳出血をおこしていなかったら、経営者として銀行からの多額の借入金をしていたので、経営・営業に終われ、青くなっていたでしょう。障害者になったおかげで、(人間としての多 ...

最近左半身が痺れに加えて手のひらに強烈な痛みを感じるようになってきた。何ともいえない妬けた鉄板を手のひらに押し付けられているような痛みだ。昨日友人が「それはきっと身体が良くなろうとしている新たな反応だよ」と言ってくれた。で調べてみると、人間が痛みを感じる ...

昨夜、中学生時代の親友と大阪梅田のライハウスに行った。というか半身麻痺の障害を負って、初めて行けた!大阪梅田から役1.5Km暑い中で歩けた。ライブハウスの名前はキャバーンクラブビートルズナンバー専門のライブはウスだ1960年台サウンドそのままを再現してくれる。生き ...

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ ...

僕は半身麻痺と強い中枢性疼痛という痺れの後遺症を負ってからこの一年は「煩悩とは何か、煩悩をなくすにはどうすればよいのか」について考え続けました。なぜなら、仏教では、〝人の苦しみはみな煩悩にとらわれる事によって生じるので、この煩悩を消滅させる(煩悩に勝つ) ...

自分の力の足りなさを自覚し知恵や力を貸してくれる他人の存在を知るのもいい経験である雨は一人だけに降り注ぐわけではないどうにもならないことは、忘れることが幸福だ強く、そして心から望むこと選んだ目標を信じること ...

人生において成功するのは間違いなく「頭のいい人」ではなくて「楽しい人」です人が集まってくれなければひとりでは何もできませんだから怒りと悲しみと憎しみをもってしまったときには自分をどうコントロールできるかが大切だ。それは相手に対する「心情的理解」を示すこと ...

希望・・現代の世界は地球温暖化や金融危機、政治不信等々の苦境の空気が漂い閉塞感があるという。今の若者は現代の閉塞感のある世の中で「希望」持てないからある意味可哀想だという年配の方が最近いることにちょっと違和感がある。本当にそうだろうか希望とは世の中の状態 ...

先日来、僕の下記の作った下記のウェブサイトが猛烈なサイバー攻撃を受けて、データ改ざん、WEBサーバー機能不全にさてれた。サイバー攻撃されたWebサイトhttp://my-japan.jp/中国人め・・と思っていた中国人の異常なまでの日本人批判。。人種差別に近いと思っていたとこ ...

およそ惨めなものは、将来のことを不安に思って不幸にならない前に不幸になっている心です ...

泳ぎが得意で、アウトドアスポーツが得意で仕事で幾ら走り走りまわっても丈夫でへこたれなかった自慢だった俺の左手・左足よ おまえはどこへ行ってしまった。。 お大前たちと一緒に会社を立ち上げ昼夜を問わず頑張っっていたよね。 夢を追い求め、がんばっていたけどその会社 ...

不安・・なんでこんなに不安になるのだろう。。ある人は言う「案ずるより生むが易し」またある人は「人間」には知性がある。知性があるから未来を予測できる。未来を予測できるからこそ不安になるのだ」と・・この不安な気持ちどうすれば良いのだろう解決策が見えない不安。 ...

↑このページのトップヘ