俺はまだ生きている!脳出血で半身不随になった元IT系社長岡下俊介

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2010年07月

一昨年脳出血で半身麻痺になってから1年半強い中枢性痺れに耐え続け、動かない手足の苦悩に耐えてこられたのも昔、水泳部のときに徹底的なスパルタ練習耐えたことが今の自分の心の強さの根源だと思っている。中学生のときだったからもう35年も前のことだが、あのころの練習に ...

自分が何らかの形で世の中の役に立っている・・この感覚この感覚こそが、人間が生きるための力であると思う。僕は去年のい今頃、半身麻痺になった現実に直面し、人間として当たり前にできることができなくなっている自分に愕然として、もう社会の役に立たない人間になっしま ...

あの有名なアインシュタインの相対性理論は実は人間関係のことではないかと思う。一般相対性理論は時空の相対性というものから光を軸にして、速度の速いものは時時間がゆっくりと進む(実は相対的に時間がゆっくりと進んでいるように見えるだけだが・・)ここでこれ以上一般 ...

このテキサス親父っておもろい! 日本政府も「調査捕鯨」などとごまかさず、堂々と「捕鯨しています」て言ってほしい。 ...

病気になってそれが治って、治って息災を喜ぶうちにまた病気になって、 ともかく一切病気無しの人生というものは、なかなか望み得ない。 軽重のちがいはあれ、人はその一生に何回か病の床に臥(ふ)すのである。 五回の人もあろう。十回の人もあろう。 あるいは二十回、三十回 ...

障害者になった今私が成すべきこと 左手は全廃である。 麻痺した左手足が脳の可塑性により再構築され回復する可能性があるという 「決してあきらめるな」と 私も今日までそう思っていた。決して回復をあきらめない そういうあきらめない気持ち。それはそれでよい でも「坂の ...

以下は障害者となって私の心の支えになっている言葉だ。自分のためにもう一度書いておこう死ぬまで一生こうやって生きるきる意味を問い続けるだろう。。この地上に棲むあらゆる生き物のうちで人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる人間のみが、自分の運命を築くこ ...

末梢性の痛みに比べて頻度は低いのだが、より苦痛を伴い、難治性で厄介なのが中枢性の痛みである。去年6月ごろから、私はこの中枢性疼痛に始終悩まされている。これは脳卒中の病変が直接の原因となって痛みをきたすもので、視床出血や視床梗塞による視床痛のほかに、大脳の出 ...

自意識過剰とは 他人が自分をどう見ているかを気にしすぎる状態。 反意語に、無意識過剰。 また、無意識過剰の隣接語として、オタクを採るという解釈もある人間は社会的動物である以前ににも書きましたが、孤独では生きていけない,だから自意識過剰になるのである自分が社会 ...

僕が片手で必死で作った日本の環境・防災技術を世界に紹介する下記のサイトが 2,3日前からSQLインジェクションというネット攻撃に四六時中さらされ、データ改ざん、サーバーのシステム妨害に合ってます調査したところ、中国東部の上海近くからの攻撃と判明した。現在復旧 ...

誇り僕はこの一年半でたくさんの誇りを失った新たな誇りも見つけたけど失った誇りに比べれば、微々たるもの手足が不自由なっただけではない四六時中半身が痺れつらい24時間365日痺れるのだ1秒たりとも痺れがなくな瞬間はないのだ健常者には想像もできないだろう・・・ ...

トンボ風車・・どれくらいの人が知っているだろうか。日本人の「発明力「発想力」もまだまだ捨てたものではない!こういう「発明力」のある人と、真面目で妥協を許さない日本人技術者がいるかぎり日本は負けない!日本は復活すると思う。あと政治力の弱さだけだ。トンボ風車 ...

無無の心か・・まだまだ煩悩があるな・・煩悩がなければ、無となり、この世の苦しみ・悲しみ・怒りから解放され、平穏な心になれる。いや、煩悩をなくせば、身体の痛みや苦しみからえも、解放されるという無とは無心とはもっとも強い心かもしれない。煩悩とは・・人の苦の原 ...

さて、今日からスターウォーズ全編がBSで始まるぞ! ぜーーーんぶ見よう! スターウォーズは単なるSFではなく、シェイクスピアの小説にも近いものがあると思う。 人間の本質をえぐり出しているSFオペラのようだ この世で「地獄」を味わい心が暗黒面にいってしまったアナキ ...

義を見て為さざるは勇無き也か・・難しいな・・・脳卒中になってから以後(再出血=死)のリスクを抱えながら生きてきて、かなり怖いものなしになってきているけど、、やっぱり難しい義を見て為さざるは勇無き也  とは堂々とは言えない。現代の政治家で、この言葉を自信を ...

僕はもう歩き回ることはできないけれど、鞄さえ持って歩けないけれど、、この右手だけで、きっと日本のモノ作り企業の技術力のすばらしさを世界に伝え日本のモノ作り企業が大企業の下請けに甘んじず、自ら世界へ羽ばたくための役に立ちたいそのために必死で右手一本で作った ...

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」ひさぶりに高視聴率な大河ドラマのようだ。ここにきて空前の龍馬ブームこれは今の日本の状況がそうしているのだろう。内向きの政治・経済と閉塞感が漂う世の中で、坂本龍馬のような人物が現われてほしいという世間の空気と「龍馬伝」の脚本が一 ...

まさに驚くべき風力発電どこから風が吹いても発電できてしまうというのだ!これを開発したのは日本の株式会社ゼナシステムとという企業だ。日本人技術者の問題解決能力これはすごい欧米人にはマネのできない諦めない心。絶対に妥協をしない技術者魂・・以前も書きましたが、 ...

エゴイストとは・・ 利己主義者。他の人のこうむる不利益を省みず、自らの利益だけを求めて行動する人のことだそうです。 ロマンチストとは、利己的な空想や夢想・ナルシズムとは違うそうです。 ロマンスとは”無限に開かれた未来に対する憧れ”であり、 「人が何かに対して ...

人間 いつ死ぬかなんて 誰にもわからないそんなことに嘆いていても仕方ないそれは僕の病気が遺伝してしまった息子も僕も同じだモヤモヤ病、、、息子もいつ脳のモヤモヤ血管がいつ梗塞を起こすかわからない。成人になれば僕のように脳出血を起こすリスクが出てくる僕もいつ再 ...

↑このページのトップヘ