1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2010年10月

日々生きているなかで、仕事でもなんでも、一生懸命精魂尽して努力した時には、力が及ばず・・という面が多々あったとしても充実感でいっぱいになるものである。この気持ちは何ものに変えがたいものであると思う。僕自身、これまでの人生、決して成功した人生とはいえなかっ ...

シャボン玉の歌は鎮魂歌だった。ご存知の方も多いと思いますが、僕はつい最近シャボン玉の歌はが実は鎮魂歌だったことを知りました。この歌を作詞・作曲された野口雨情さんは、ご自身のお子様を亡くしてらっしゃいます。しかも、生まれてから1週間後に亡くなったそうです。こ ...

貨幣経済が破たんする?どうも最近の世界経済は変だと感じる。非常に危ないのではないか。貨幣経済そのものがおかしくなってきているのではないだろうか。最近の世界的な自国通貨安誘導・・おかしな現象だ・・通常は自国の通貨が高いということは自国の通貨が強いということ ...

脳出血で倒れてから間もなく2年になる。僕はまだ生きている。僕の脳出血はモヤモヤ病を起因とする出血である。モヤモヤ病を起因とする出血の場合、再出血の確率が高いもし再出血した場合、「重篤」になる場合が多いという。重篤=死と僕は理解していた。僕は死の恐怖と闘っ ...

僕は昔、剣道をやっていた。面に小手、胴なっどの防具をつけて竹刀で試合をやっている間は真剣にやっているつもりでも、心に隙がある打たれても、死にはしないし、血も出ない、ケガもしないからだ。これが真剣ならそうはいかない。一瞬の気の緩みで命を落とす。勝つこともあ ...

サムライ・・真剣を持って敵と相向かう・・緊張した瞬間・・白刃がキラめき、打ち込む斬り込まれる瞬間、相手の剣をはね、飛び退り、逆に斬り込む目にも止まらぬ早技であるそこに理屈はない相手の刃が右から来た、だからこれを右にはね、身体を切り返し、一歩下がって左から ...

今、日本は、いや人類はパラダイム大変換をすべきときではないか僕はこの2年間で自分の誇り、喜びの価値観の大転換をしました。否応なく転換させられたというのが真実ですが・・これをパラダイムの変換というのだろう。パラダイム転換というのは大変な苦痛を伴います。少なく ...

自分のしていることに対して、他の人が評価をする 褒められる場合もある、けなされる場合もある過大評価にびっくりすることもあるだろう。冷ややかに無視されてしまう場合もあるだろうだからうれしくなって心躍る時もあれば心暗くなってしまうこともあるだろう賛否両論とも自 ...

「あなたは何のために生きていますか」という問い掛けに対し明確に答えることの出来る人は少ないのではないでしょうか。趣味に生きるとか、スポーツが大好きで、スポーツさえしていればそれで良い。仕事が趣味、仕事に生きがいを感じ、死ぬ瞬間まで仕事をしていたい。お金儲 ...

全体の記事のコメントに過剰なノルマ残業によりノイローゼになり自殺する人がいるというコメントがありましたので、そのことについて書いてみたいと思います。私が書いたプロ意識というのはあくまでも、「貢献」に対する「正当な対価」を報酬としてもらっているのであれば、 ...

プロ意識とサービス残業昨日、電車に乗っていて、横に座った若い男の子二人が喋っているのが聞こえてきた「あれ、明らかに労働基準法違反やで!」「完全にサービス残業なるやんか」云々の会話・・世の中の労働基準法とかいう法律でサービス残業は法律違反として訴訟を起こし ...

非常に残念なニュースである.関関同立の新入生にインタビューしたところなんと新入生6割が「大麻を入手できる」と回答したそうである以下ニュース記事URLhttp://sankei.jp.msn.com/life/education/101021/edc1010211216002-n1.htm残念なことである、世の中に「閉塞感」を感 ...

恐るべき拝金主義さっき、現在の中国の富裕者層の番組のやっていた。その人の中に中国には「お金を持つことは良いことだ。お金がないの最も悪いことだ」という諺がある、だからを金儲けが出来た僕はそれを実践している成功者であり、人間として正しい行いの結果であるニコニ ...

大きな志を持とう今の世の中、希望が持ちづらいかもしれない地球温暖化に代表される気候変動による災害。政治の不信毎日のように流れる不景気の情報や暗いニュース子ども虐待この先生の児童へのわいせつ行為検察による証拠改ざん。僕自身半身が思うように動かなくなってしま ...

根拠のない自信や信じる力が「漠然とした不安」を制する。「漠然とした不安」これはあの芥川龍之介が自殺した原因ともいわれている心の状態である。「漠然とした不安」これほど精神的にストレスを与えるものは無いと僕も思う。なぜなら、はっきりとして原因が分からないので ...

他を制する者は強し、己を制する者はなお強し老子の言葉である。己の弱きところを自覚し、自己のパラダイム転換を出来る人間は強いと思う。多分そういうことを言っているのであろう。自己のパラダイム転換・・これは自分の価値観の転換である。これには苦痛を伴う。なぜなら ...

新渡戸稲造はその著「武士道」の中で続けて次のように記している。外国人旅行者は誰でも、日本人の礼儀正しさと品性のよいことに気づいている。品性のよさをそこないたくない、という心配のもとに礼が実践されるとすれば、それは貧弱な徳行である。だが礼とは、他人の気持ち ...

よもやこのような人生を送るとは思ってもいなかった。45歳で脳出血で倒れるというようなことをはもちろん想像だにしていなかった。しかし倒れた後のほうが、実に奇妙な人生を歩んでいるように思う。脳出血で倒れた時は、絶望そのものでした。自分の会社を破産、同時に社長 ...

よく絶対の確信をもって生きることが大切というようなことを言われ,人は絶対的なものや普遍的なものを求めがちである.それは人情として分からないでもないが、この不確実性に満ちた世の中に「絶対の確信」なんてあるわけがない。刻々と変わりゆくこの世の中、明日もしれぬ人 ...

富士山は西からでも昔からでも登れる西の道が悪ければ、東から登れば良い道はいくつでもある。時と場合に応じて、自由自在に道を変えればよいのである。一つの道に執着すればムリが出る。ムリを通そうとすれば行き詰まる。動かない山の動かそうとするからである山はそのまま ...

↑このページのトップヘ