1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2011年04月

この一つ前の記事のコメントに「なぜNPO法人でやるのか、長く続けたいならば営利ですべきだ。お金は働きや役立ちに対する対価。営利でやってほしいと思う」というコメントをいただきました。コメント欄で少し返信しましたが、コメント欄の返信では十分書ききれないので記事と ...

この連休明けに九州の佐賀県から福岡、そして広島にかけて環境技術を持つ企業訪問し、その技術について、ヒアリングのため面談に行く。今回も指導者によるの移動だ往復1200キロくらい工程になるだろう。NPO法人にまだほとんど運用資金がないので、移動費も自腹でやるしかない ...

今日、週に一度のリハビリを受けるために病院に行ってきた。そこは2年前脳出血を発症してから約6カ月近く入院したリハビリテーション専門病院だ。週に一度の診察は院長にしてもらう。そこで先週、石巻まで行ってきたことを話すとびっくりしていた。「よくその体で行ったな ...

以前にも書きましたが僕の人生観は、この世の中は「自分が中心だ」と思っています。これは利己主義というようなものではなく、自分の人生は「自分が主人公」だと感じているという意味です。というか「自分が主人公」と思うようにしているのです。「自分が主人公」と思うこと ...

夢や希望って何だろう夢と希望・・僕の一昨日のブログにコメントをいただいたある方のブログを読んでいると「夢も希望も無い・・」と書いてあった。。それを読んでふと思った。そもそも夢と希望って何だろう。。夢がかなうということは、自分の欲求を満足させることだろうか ...

前日の記事のコメントに「100社落ちた私に価値はありますか」というコメントがありましたのでそのことに対して思うことを書きます。能力を失うことより自分を信じることができず、自信を失うことの方が恐ろしいと思うのです。能力を失うことより、自信を失うことの方が恐ろし ...

人生は、甘いものではない。厳しいものだ。油断したら突き落とされ、どん底から抜け出せなくなってしまうと思う。いつ僕のように脳卒中で障害者になるか分からない。僕だって今回の震災のようにいつ被災するかわからない世の中は不確実性に満ちている。いつなんどき、どん底 ...

石巻市に設置されている私のNPO法人の会員企業の海水の飲料水化設備の稼働状況を確認するため、月曜日から昨日にかけて石巻市まで行ってきた。月曜日に車で東京に入り、その会員企業のエンジニアをピックアップして、東北自動車道を北上し、石巻に入った。強行軍だった。神戸 ...

政治家は好き勝手なことを言って責任逃れをするな!先日は石原都知事の「天罰」発言!そうかと思ったら今度は国民新党の亀井静香代表が「この世の地獄が展開されようとしている。その責めを東北の方々が一身に背負って、あの悲惨な目に遭っているとも言えるのではないか」亀 ...

現在、未来における世界的な水不足をにらんだ水ビジネスがを今後大きなビジネスになると言われている。そんな中で日本においても、水のビジネスのチャンスを逃すまいとしている企業が多く存在する。日本の浄水化技術は世界一である。浄水化技術には、いわゆる不純物を濾過す ...

人類は、科学技術の進歩させ高度な運命を築きました。そして我々日本は豊かな生活を享受することができるようになりました。 しかし残念ながら、科学技術の進歩とは裏腹に、自然に対すて傲慢氏になってしまったのではないだろうか、私たち人類が与えられたこの「世の中」、 ...

党利・党略、個利個略 このままでは日本は破滅するこの後に及んで自民党は党利・党略でしか動かないのか、自民党の谷垣総裁が、東日本大震災の復興に向けて政府が月内に新設する「復興本部」(仮称)への参加を国民新党の亀井代表に持ちかけられ、拒否していたことが15日 ...

懸命に働くことは尊い。仕事こそが人間の魂を磨くことができ、心を強くすることができるのではないか。お釈迦様も悟りの境地に達するための修行法の一つとして「精進」することの大切さを説いています。精進とは、一生懸命働くこと、そしてわき目もふらず打ち込むことだと思 ...

人間が不幸になるか幸福になるかすべては心次第である。心が弱くなってしまうとすべては終わりだ。辛いと思えば辛くなる。心は強くなければならない。「強い」という意味は「敵に勝つ」というような強さではなく、「苦境に耐えることができる」という意味での強さだ。この強 ...

初めて知ったのですが仏教には煩悩即菩提という考え方があるそうです。僕は煩悩をなくすことが生きるあらゆる苦悩から解放されるのだと考えていました。ゆえに無私無欲というものを追求していきたいと考えていました。体が不自由になった心の苦悩だけでなく、中枢性疼痛の身 ...

日本人一人一人はすばらしいのになぜ日本の政治や官僚や大企業はこれほどまで愚か行動しかできないのか今回の東日本大震災の政府の対応や東京電力の対応を見ていると、とても不思議に思う。今回の大震災になって、日本人一人一人は、実に冷静に行動し、礼節を崩さず秩序のあ ...

今回は思いっきり弱音を吐く感覚障害というものはなんと辛いんだ。この辛さは経験したものにしか分かるまい。脳卒中の後遺症といえば手足の運動麻痺がつらいと想像する人が多いだろう。脳外科やリハビリ病院の先生にしてもそうだ。しかし実際には、感覚障害という恐ろしく辛 ...

どうもいかんさっきリハビリのために自宅の周りの一角(1周約600mほど)を歩いてきた。今日はなぜか、歩いているうちにどんどん気分落ち込んできた。よろよろとしか歩けない足踵から着地できず、つま先から地面に着地しようとしてコケてしまいそうになる。ほんのちょっと ...

人間は何のために生きているんだろう.このテーマは、僕が脳出血で半身不随の障害者になってしまった時からずっと考え続けてきたことだ。人間生きている間さまざまな苦境の波に出会う。たとえまじめに一生懸命生きていても、そんなことは関係なく病気にもなるし、今回の震災の ...

先日来、自民党災害対策本部を通して、移動式の海水・濁水(淡水)の飲料水化設備を提案しているが、何の反応もない。当初は、詳細情報を提供依頼があったのでコストも含め提供したがその反応もない。必要のない設備ではないはずだ。実際に日本財団を通して石巻に一機設置し ...

↑このページのトップヘ