1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2011年05月

僕は脳出血を起こし、生死をさまよい障害者になってから、健常者の頃より死に対する恐れが少なくなった。ほとんどなくなったといってよいだろう。なぜ死を恐れるのか。僕は健常者の頃、死ぬことでいちばん恐ろしいことは「別れ」だと思っていた。それは「人との別れ」だけで ...

自分はなぜこんなに苦しんでいるのか。脳卒中で障害者となってからというもの、会社の倒産、自己破産という苦境や四六時中襲って来くる痛みとの闘いの中で、そんなことを考えざるを得なかった。そして自分だけでなく、人はなぜ苦しむのか。人は生まれてから誰しも病、傷、老 ...

人間にとって幸福とは何だろうか。現代の経済社会においては幸福=GDP(モノの生産量)モノの豊かさとなっているような気がする。これからの世の中は経済において「幸福値」というような指標があっても良いのではないだろうか。僕にとって幸福とは「人とのつながり」だと感じ ...

ソフトバンクの孫正義さんが今回、自然エネルギー協議会を立ち上げ、太陽光発電パネルのメガソーラー普及構想をぶち上げた。これは既存のエネルギー業界(電力会社などの大手企業)に闘いを挑むことにほかならない。僕も先日からNPO法人の関係で超薄膜太陽光発電パネルの普及 ...

たとえ根拠がなくても自分を信じて自分に自信を持って希望を信じるそうして自信を持つことこそ、苦境の中で希望信じることができ、自分自身の心を前向きにし、意欲を燃やすことができるのだ、そんな意欲からこそた新たな知恵が湧き、前に進めるのだ。そう信じてこの2年間、 ...

僕にはプライドがある。人間としての誇りである。男としてのプライド父親としてのプライド夫としてのプライドそんなプライドだけは捨てたくない。死ぬときに自分の人生に後悔を残したくない。それは自分の持っている能力を最大限使い果たしたかどうかである。決して成功の人 ...

現実を乗り越えるということ。人間の本性を乗り越えるということ。よく文学と哲学を比較して、文学は人間の真実の姿を描き表しているといわれる。たとえばシェークスピアなどの文学などは、日ごろどんなに善人を装っている人でも、いざというとき、つまり究極の苦境の際には ...

希望を持つために最も必要なものは意欲だと思う。そして自分に対する「自信」ではないかと思う。それは決して自己を過大評価するのではなく、「自分を信じる」ということと思う。根拠なき自信でも脳(人の心)は、人間は、自信を持つものだと思う。から信じるということはと ...

本当に人生で皮肉なものだと思う。ここにきてNPO法人の活動が急激に拡大してきた。なんと国家事業でもあったJAXAの次世代型ロケットGXの海外窓口をやるのだ!その他にも最先端の水質浄化装置の海外への販路開拓。エネルギー事情を根本的に変えてしまうかもしれない最先端の ...

日本の再生可能エネルギーの最先端技術を日夜開発し続け、未来の日本のエネルギー事情を支えるのは決して大企業ではなく、創意工夫にあふれた中小のエンジニアリング企業なのだ。このことを先日の九州の企業訪問の旅で思い知った。またエネルギー関係の強化における強大な利 ...

自分を信じることができない他人を信じることができないこんな疑う心から不安が始まるこのところしばらくそんな状態が続いていたように思う。「疑う心」も「うつ」のときの心のように一旦疑い始めると、疑いが疑いを生み出し疑心暗鬼になってしまう。そして、そのうちに自分 ...

苦しい時に慰めてほしいという自分頑張っているときにねぎらってほしいという自分それが叶わないと周りを恨んでしまう自分まだまだそんな自我があることに気づく。自我があるから苦しむ。。苦しみがなくなり楽になるなら自我なんて捨ててしまいたい。まだまだてんこもりに自 ...

僕は、一体誰のために、何のために生きているのだろう。これまでこんな障害者でも、少しでも人の役に立つ人間でありたいと思い、頑張り続けた。でも僕は一体誰のために、なんのためにこんなに頑張っているのだろう。頑張っても誰にも感謝されない。感謝されないことが辛いの ...

心の中にほんの少し強いから「空」を作りたい。「空」とは「自我をなくすこと」生身の人間であるから自我を100%なくすことなんて不可能だだから10%でも良い。心の中に「空」も作りたい。そうすればこの苦しみが和らぐような気がするから・・司馬遼太郎さんによるとあ ...

昨夜、学生時代の夢を見た。大学時代の夢だった。そこにはたくさんの仲間がいた。僕はスキューバダイビングのクラブだったのでみんなで一緒に海に潜っていた。そこでは僕は体は普通の体だった。何の問題もなく水中を泳ぎ回っていた。頭のどこかで「なんだ障害者になったこと ...

この3日間ほど九州遠征の疲れが出てしまったのかなにごとに対しても妙にネガティブな思考に陥ってしまった。腹が立つこともたくさん起こった。自分だけが・・という気持ちになってしまった。これは自我をすることができていない証拠だ。自我があるから苦しむのだと頭では理 ...

自民党災害対策本部から被災地へ飲料水化設備の供給が出来なかった理由が分かった。このブログを読んでくれた方が民主党の内閣にいる大物議員の秘書につないでくれた。その秘書さんと直接電話をして話を聞いた。自民党災害対策本部からも被災地へ飲料水化設備の供給が出来な ...

昨夜は心の何か限界に達したような気がする。そして心の糸がプツンと切れたような気がする。薄氷の様に薄くもろくなった心がボロボロとくだけてきたような気がするそして一気に気力が萎えてしまった。僕の心の限界が近いのかも・・NPO法人の動きが良い方向に進みだしたとはい ...

このからだでひとり奮闘するのはもう疲れたなぁ ...

5月11日から13日にかけて九州にある再生可能エネルギー技術開発しているという企業に訪問をしてきた。またもや車移動による強行軍だったが、実に有意義な3日間だった。1社目は佐賀県にある最新太陽光発電パネル設備設置企業だ。2社目は久留米にある最新風力発電シス ...

↑このページのトップヘ