1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2011年08月

昨夜自分のやろうとしていることをある人に伝えたところ、激しい指摘をされた。要するに僕のようなレベルでは到底無理であるというような指摘だった。たしかに僕はそんなに優秀な人間でもないし、身体も障害者である。専門知識もない。身体が障害者だからできない専門知識が ...

現代の政治家の「議論を深める」というくだらない小田原評定まもなく民主党代表選で日本の新しい首相が決まる。代表選に立候補した政治家が今後の日本の復興や経済政策について「議論を深めたい」などという言葉が多いと感じる。僕にしてみれば「議論を深める」などというこ ...

僕は生まれて初めて死の覚悟をしながら今を生きている。死の覚悟というものはこんなものなんだなぁと感じている。「怖いもののがなくなる」というのは嘘だ。それは以下に書くようなことが怖いのだ。「死」が怖いのではない。「死」自体はもう怖れていない。僕のような出血性 ...

脳卒中の後遺症の一つの中枢性の痺れ・・・半身全体を覆う得体の知れない強烈な不快感・・言葉では説明がつかない苦しさ・・・・経験したことない人には何もわからないだろう.四六時中続くこの不快感・・そのうち発狂するのではないかと思うほどだ。発症当初この何とも言えな ...

再生可能エネルギー促進法がまもなく通過する予定だが、現状のままでは再生可能エネルギーへのシフトは進まないと懸念している。なぜなら政府も(当然地方自治体も)赤字財政でひっ迫している上、東京電力も福島原発事故の処理が保証のため投資余力はないからだ。このままで ...

「忍ぶ」という心の強さは攻撃することよりも強く美しいと思う。「忍ぶ」ということは辛く苦しい・病に耐え忍ぶこと・苦難に耐え忍ぶこと・人からの攻撃や侮辱に耐え忍ぶこと「忍ぶ」ということができることは強さの証しではないだろうか忍ぶためには自我を限りなく捨て去ら ...

無私無欲こそ強い心であり、何者にも負けない心であると思う。怒り、悲しみ、憎しみ、焦り、、と言ったようなネガティブな心は自我があるからこそ、湧き出てくる感情だ。それはある意味、自分を守りたいという本能から出てくる感情ではないだろうか。自我とか自分が存在しな ...

キリマンジャロかぁ・・さっき日本テレビの24時間テレビで全盲の障害者の女性がキリマンジャロに登頂したのを見て感慨深かった。。なぜなら僕が健常者だった頃の夢はキリマンジャロの頂からアフリカの(人類発症の地)サバンナを見ることだったからだ。脳出血で肢体障害者 ...

希望の持てない世の中など存在しない。志の持てない人生など存在しない。なぜなら希望も志もどちらも人の心が持つものだから最近僕は本当にこんな風に思えるようになってきている。希望の持てない世の中とはいったいどんな世の中だろうか。いくら就職活動をしても不採用が続 ...

8月15日、お盆に僕の両親の実家(福井の越前付近の山の中)に脳出血を起こしてから初めて3年ぶりに墓参りに行ってきた。久々に見る田舎独特の大きな屋敷。久しぶりに中に入ってみて、目に飛び込んできた。私の叔父の似顔絵の掛け軸だ。旧日本帝国陸軍の軍服姿だ。その顔 ...

昨日、息子が沖縄の海の番組を観ていて、「パパ、また海に行こうね!」と言った。僕は麻痺した左半身を右手で指して「パパはこんなだからもう行けないよ。一緒に泳げないよ。ごめんね」って言ったら「また、治ったらでいいよ!」息子は麻痺が治ると思っている、、、それがと ...

9月5~9月8日にかけて「アジア進出を見据えた中小企業のためのオーストラリア進出戦略セミナー in KANSAI」という海外進出セミナーを私のNPO法人主催で開催することになりました!このセミナーは中小企業が海外に進出あるいは販路開拓するためのさまざまなノウハウを ...

昨日、ある人に僕がなぜこのような片麻痺なってしまったのかということを聞かれ、話しているうちに悔しさのあまり涙が溢れ出そうになった。思い返せば、約2年半前僕は柄にも合わず小さな会社の社長として必死で働いていた。そのころから志はあった。日本の伝統工芸品を世界 ...

現在、再生可能エネルギー促進法案が国会で議論されていますが実際にこの法案が通った場合、本当に再生可能エネルギーの促進ができ、将来的にでも原発に変わるエネルギーの確保が可能になるのかと考えたとき、まだまだ多くの課題が山積していると私は思います個人的にはこの ...

昨日と今日はひとり3ウェイバッグにノートパソコン入れ、背中に担ぎ、九州の再生可能エネルギー技術を開発している中小企業を訪問してきた。半身麻痺のこの身体には正直キツかった。背中ノートパソコンが重く足が思うように動かない。足首の爪先が上がらないので、歩くとき ...

僕は追い詰められた方が良いのかもしれない。何もかもが裏目に出て、追い詰められることがある。そんなとき焦りのため冷静さを失いそうになる。全てが失敗に終わり、もう自分の人生は終わりだ。。と思ってしまう瞬間がある。特に左半身の痺れと痛みが強いときは、どうにもな ...

人間、生きて行く上で様々な困難に出会う。そんな困難を善意に受け止めると言うか自分を成長させるため与えてくれた試練と思えるかどうかということが大切なのではないか。よく何でも善意に受け止めることは騙されやすいお人好しと言われたりするがそうなのだろうかたとえ人 ...

「無私無欲」と唱えることは僕にとって心と身体の最大の特効薬である(ほとんどの人間はそうだろうと思うけれど)僕は日々悔しい思い歯痒い重い悲しい思い体も痛くて辛い、心が辛いそんなことの連続である。そんとき僕は「無私無欲」と唱えるようにしている実際に口でつぶや ...

↑このページのトップヘ