1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2011年11月

人間、どんなに経済的に裕福でも、どんなに才能があり、いろいろな高い地位を得られたとしてもいつかは必ず、老い、病に伏し、死を迎える。ではなぜ人間は生きるのか何のために生きるのか僕は脳出血で半身不随になって以降、苦しみの連続だった。少なくとも僕にとって最大の ...

脳出血で、実に多くのものを失った。一時は自暴自棄にもなったけれど、でもプライドだけまだう失いたくない。 人としての男としての夫としてのそして父としての だからこそ人にやっかいになり、助けてもらわなければ生きていけないような人間にだけはなりたくない。そんなプ ...

僕は今日突然あることに気がついた。僕の体は脳出血により不自由になったけれども、身体で充分に生きることはできなくても、僕は充分に心で生きることができるということだ。僕はこうやって右手だけだけれどもキーボードを使い、言葉を駆使して自分の気持ちを人に伝えること ...

これからの人生、体は不自由だけれど、今の身体で楽しめることを楽しもうと決めた。できなくなったことはたくさんあるけれど、よく考えればこの身体でも楽しめることもあるじゃないか。できなくなったことをできないと嘆いていても心が損なだけ。この身体でできることをやり ...

一昨日メガソーラープロジェクトの核となる企業の社長から連絡があった。K電力がこのメガソーラープロジェクトで発電した電力の買取をS県の当プロジェクトの有識者会議上でOKしたということだ。僕が最も懸念していた電力会社の買取拒否がこれで払拭された。前々から僕は下 ...

僕がいちばん大切にしている言葉は、あのマハトマガンジーの有名な言葉このブログの冒頭にも書いてある以下の言葉です弱い者ほど相手を許すことができない、許すということは強さの証だこの言葉を僕は最も大切にしています。僕は脳出血で半身不随になってからというもの僕を ...

僕に脳出血をお越し、障害者にさせたもやもや病今年遺伝病であることが明確になった。京都大学医学部が病感受性遺伝子の特定とその機能についての発見をしたのだ。遺伝子を特定できた限り、遺伝子治療により遺伝は防止できる。息子には既に遺伝しているから根治は不可能だ。 ...

脳出血になってからこの3年辛く苦しかったけれど、自分の運命を何度恨んだことだろう何度涙したことだろうでもかならず乗り越えてみせる来月が勝負の月 ...

人に対しても自分の運命に対しても恨むのは怒るのは許せないのは心が弱い証拠すべてを許し乗り越えることができたとき本当に強い人間になれるのだろう。そんな強い人間になることができるなら死をも恐れることはない。 ...

誰も恨まない誰も憎まない何にも悲しまない自分に起こった何にも怒らない、悲しまない出会う人出会う出来事出会う苦しみ出会う怒り出会う悲しみこれは与えられた運命乗る超えるのは自分だけ信じるのも自分だけ ...

怒りとは許せぬ心、憎しみも 許せぬ心許せぬのは弱い心乗り越えてしまえば許せる心に変化するじゃあ乗り越えよう。乗り越えられれば許せるのだから心なんて自分次第 ...

僕の心は、ときどきひどい怒りや強烈な悲しみに襲われることがある。なぜ身体がこんなふうになってしまわなければならないのか。なぜ会社をつぶさなければならなかったのか。なぜこの身体で無職無収入にならなければならなかったのか。脳出血を起こしてからというものさまざ ...

何かに必死になっていなければ気がおかしくなりそうだ。なぜモヤモヤ病は僕を選んだのか。。なぜ僕は今、走ることさえできないのだろうか。それどころか歩くことさえ満足にできない。なぜ僕が脳出血にならなければならなかったのだろうか。なぜ僕はこんなにも苦しまなければ ...

人並みな喜びなんて僕にはもう必要ないさ。脳出血倒れて昨日でまる3年。。いまだに、左手は全く動かない。左足も鉛のように重く自由に動かない。もう健常者のようにスポーツなんてできないだろう。「のんびり散歩」すらできない。ただ、歩くことすら重労働なこの身体さ、、 ...

人間が希望を持って生きて行けるかどうかは、周囲の物理的状況とは何の関係もない。よく「希望を持つことができない日本にしたくない」などという言葉を使う政治家がいるけれど、希望を持つことができない日本って一体どんな日本なんだ?と思う・・何度もこのブログの記事で ...

障害者になってしまったことによって今まで当たり前にできた事ができなくなってしまい、これまで、たくさんのことを諦めてきたけれど、障害者になってしまった事は決して「不幸」ではない、「不便」になっただけ不便なら工夫さえすれば、何とでもなる人の5分の1のスピードし ...

今日、NPOの書類を整理しようとして、左手を添えることができず、パラパラっと落としてしまった。右手で拾い上げたけど、バラバラになった右手片手ではすぐにうまく揃えることができない。け仕方がないので右手で、一枚ずつ時間をかけて揃え直した。正直イライラした。左 ...

これまで国内においてメガソーラー太陽光発電の普及のサポートをしてきたが今度は今度は最先端の浄水化技術で世界貢献だ!これも中小企業の技術である!大手なら東レなどが既に中東方面に海水の飲料水化プラントの導入実績があるが今サポートしている企業は同じ飲料水化プラ ...

どうしようもなく悲しいとき、辛いとき、心が折れそうになってしまうとき、身体が思うように動かなくて、これまでたくさんのものを諦めてきた、たくさんのものを失ってきた、でも僕は負けない。心が負けてしまうのは、折れてしまうのは、 「我」があるからだと思う。僕の中に ...

まもなく大阪市長選がありますが、私は個人的に橋下氏を応援しています。それは橋下氏のパフォーマンスに触発されたわけではなく私なりの理由があります。それは平松氏は、経験からくる「こだわり」と「思い入れ」と「誇り」の人であり、橋下氏は喪失を怖れない改革者である ...

↑このページのトップヘ