1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2011年12月

失敗で終わるから失敗になる成功するまでやり続ければ成功になる脳卒中で挫折したままで終わるから挫折の人生になる!挫折を乗り越えたら、希望が待ってる 志が叶う!歩くスピードは健常者の10分の1だけど左手は全く使えず、タイピングも遅いけど健常者には負けられへん!負 ...

もやもや病が起因の脳出血・・10年以内の再出血の確率60%以上再出血=死残り少ない命であることは覚悟しているだからこそ悔いのないように精一杯生きるどんなに苦境でも希望も志も絶対に捨てない。障害者でもどこまでできるか挑戦だ。結果が出なくてもよい「成功」しなく ...

これまで九州のメガソーラープロジェクト構築実現に向けて取り組んできたがなんと来年はわがNPO法人が繋ぎ役で本格的なスマートシティ構築構想を実現するプロジェクトが進み始めそうだ。スマートシティ構築のための最新技術を持つ企業ルートはほとんどそろっている* メガ ...

逆境、、、それは人間にとって与えられた尊い試練であり、この境遇に鍛えられてきた人間は誠に強靭であると思う。古来、偉大なる人は逆境にもまれながら、不屈の精神で生きぬいた経験を数多く持っているものだと思う。そんな意味で、逆境は誠に尊いものであるなどとやっと思 ...

今朝は寒いけれど日差しが強い何気なく部屋の壁に差し込む朝日が美しく力強さを感じた。太陽エネルギーをいただいているようだ。そのせいかいつもの痺れや痛みが柔らでいる。陽光は心に、命に、エネルギーを与えてくれるのではないか部屋の壁に差し込む朝日を見てそんなこと ...

思ったように行動できない。苛立ちがつのる左半身麻痺になってからもう3年も経つというのに、まだ思考とできる事とのギャップが激しく解離している。「心の中ではもう健常者じゃないのだから、ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり、」と 自分を言い聞かせてきたのだけれど、、 思考 ...

ときどき不安で不安でたまらなくなるときがある.こんな障害を持った身体で、このまま歳をとっていったらどうなるのか、今は、40歳代だから、健常な右半身が丈夫だから、なんとか生きていけるけれどこの右半身が、老人になったとき、左半身を支えることができるだろうか。今 ...

もう障害者でになってしまったことをあることを嘆くのは止めよう脳出血の後遺症という病との闘いは好きじゃないけれどその闘いを楽しもう。どうやって克服するか知恵を出すことを楽しもうそしてそんな後遺症と闘って入いる自分を好きになろう。そんな障害者の自分を自分で愛 ...

六等星は一等星よりも小さいけどそれは遠くにあるから小さく見えるだけだ。本当は一等星よりもずっとずっと大きく輝いているかも知れないんだ。中小零細企業にも大企業なんかより大きな(素晴らしい)企業があると思うその企業は世間から見えにくいだけなんだ。だから日の目 ...

昨日、少し時間ができたので映画「リアルスティール」を観に行ってきた。ちょっと辛かったなーネタバレするのでここでは詳細なストーリーを記載するのは控えますが長い間、はなれ離れになっていた父と息子が出会い、最後は息子が父が「強い父親」であったことを認め、尊敬し ...

人生とは不思議なものである特に僕の人生、自分で言うのもなんだけれども全く予測不能な人生を送っている。昔、今の自分を予測することは全く不可能だった。自分の人生が予測できないのは誰しも同じだと思うけれど、それにしてもこれほどまでに波乱万丈になるとは・・今、僕 ...

僕は3年前、、半身不随の障害者になり、会社も生産、無職無収入で全く先が見えない状況だった。でもなぜか世の中の役に立つ人間でありたい。障害者でも健常者に負けないくらいの人間になれるはずだ。という漠然とした自分に対する自信というか自分を信じるように心がけてきた ...

先日突然韓国ルートから日本製の小型風力発電実施装置のオファーが来た。ここにきて次から次へと海外から日本の技術や製品に対するオファーが来ている。今週中に資料をそうしなければならない。ビジネスにつながるかどうか!成功して欲しい!思ってもいない展開だ。楽しい あ ...

大切なモノを失いました。たくさんたくさん大切なものを失いました。長い間築き上げてきた大切なモノ脳細胞がほんの少し損傷しただけなのに。。たくさんたくさん大切なものを失いました。で失わなかったものもあります。それは家族と命・・失わなかったけれどこれからこの身 ...

無我になることができればどんなに幸せだろう。あらゆる怒り、憤り、悲しみは自我から来るものだと思う。僕が脳出血になり半身不随という身体が苦しいと感じるのも自我があるからだ。本当の無我になることなんて、生身の人間である限りできないことは分かっているけれど毎日 ...

目の前の苦しいことがある。毎日の生活で悔しいこともたくさんある。目の前の悲しいこともたくさんある(左手でお茶碗さえ持つことができない自分が悲しい)目の前の憎いこともある(僕を襲った脳出血が憎いと思うことがある)そんな目の前に(僕の心の中に)辛く悲しいこと ...

よく有名人で脳梗塞で倒れた人の中に「ただ今自宅療養中です」という報道を聞く。一時そんな「自宅療養」できる環境がうらやましいと思ったことがある。僕は零細企業の社長だったから、仕事がができなくなった(仕事をしなくなった)その瞬間に収入が途絶える。この3年間ど ...

不思議なことだけど、左半身が痺れて中枢性疼痛の痛みのためにもがき苦しんでいるときほど、心の奥底に隠れていたような僕の「負けるもんか」いう負けん気が湧いてくる。そして「無視無欲」と心の中で唱えると、苦しみから来る悲しみや怒りの気持ちが不思議なほどに薄らいで ...

今、僕が九州で進めている産業用メガソーラー普及のためのファンド組成プロジェクトをベースに原発事故で問題になっている福島県にもメガソーラー普及プロジェクトを展開しようと考えていたがもう一歩進んで、最新型の蓄電池「東京電力と日本ガイシが特許を持っている大容量 ...

↑このページのトップヘ