1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2012年06月

今日はプライベートなことではなく久しぶりに経済的な記事を書きます今回のテーマは今、まさに論議の的になっている増税についてですたぶん猛烈な反対意見があることを覚悟の上で書きます僕は消費税増税には大賛成です。25年度に8%⇒10%という方針のようだけど僕の個人的 ...

何もかもが許せる瞬間がある・・・僕を襲った病気も・・それによって憎んでしまった人も腐敗した政治も・・保身走る電力会社も・・何もかも・・である今がその瞬間である・・なぜか・・簡単である・・今、なぜか一瞬痛みと痺れがすごく和らいでいるるだからである・・逆に何 ...

期待・・今日、期待こそが問題を大きくしたり、トラブルの原因ではないかと思った人はいつも何かに期待しているそれは何も大きな期待ではない例えば、フランスレストランに行くと美味しいものが食べられると期待するところがマズイと腹が立つ増してや値段が高かったりおした ...

志・・・それは何も「立派な人間になること」や「大事を成す」ことではないと思う「自分はどういう生き方をしたいのか」だと思うそれが志ではないだろうか僕の場合、何も経済的成功などしなくても良い死に際に「精一杯生きた人生だったな」って微笑んで死ぬ事ができるように ...

今朝以下のようなメッセージが来ていた「障害者など要らんわい!お主!迷惑じゃから二度とわしの前に姿を現すんじゃないぞよ!気持ち悪いのと不愉快じゃ!」一瞬、、ムっとしたでも今朝の僕はそれ以上何も怒りや憎しみなどの気持ちは起こらなかった可哀そうな人だなきっと弱 ...

笑顔になれない・身体がこんなに痛いと笑いたくても笑顔を作れない顔が苦痛にゆがむのを抑えるのが精いっぱい・・何も不機嫌なわけじゃないでも笑顔になれないんだよごめんね・・息子よ 妻よわからないよね・・そんなこと・・だって、人の身体の痛みなんて誰にも見えないん ...

僕はこのブログを通して自分の偽らざる考え方や気持ちを何を隠すこともなく書いている言わば心の叫びのつもりだストレートに何のオブラートもかけずに叫んでいるゆえにこれまでも多く批判を受けてきたそれによって凹んでしまたことも確かにあるでも、批判は正面から受け止め ...

今日、僕の持っている再生可能エネルギー技術の華僑投資家グループへのプレゼンテーション資料を英文と中文に翻訳してもらう女性(在日中国人)との打ち合わせだこのプレゼンテーション資料の良し悪しが莫大な投資を受けることができるかのポイントになる!二人だけの打ち合 ...

離婚・・これも夫婦間での憎しみ合いの一つだとおもいます。それでとっても面白い、且つ参考になる記事を見つけたと言っても僕が脳出血で会社を破産させるときにお世話になった弁護士先生のきじですが・・下記のアドレスですhttp://ameblo.jp/lawyer-kobe/entry-11246366481. ...

人を憎むって。。人を憎んでしまう自分が腹立たしいんだよねそのことで苦しむのは結局、人を憎んだ自分なんだ「報復」も同じ・・「報復」したことで一番苦しむのは「報復された側」ではなく「報復した側」 ...

人は許せないと思う相手に「報復」したくなるものどなたかがコメントに書いておられたように「絶対に詫びを入れさせる」生身の人間である以上、そういう感情を持ってしまうことはある程度仕方のないことだと思うでもそれをを実行することが問題の解決になるのかどうか・・正 ...

許せないこと(または人)が目の前に現れたら許す理由を見つけることに努力しよう許せないのはほとんどの場合、その許せない状況を充分に「知らない」から僕の場合、自分を襲った病気が許せないと思うことが今でも多々ある許せないことをした人もいる人の場合、その人の背景 ...

脳卒中の後遺症の半身麻痺・・もう3年リハビリを続けている理学療法士さんはいつも「前より良くなっている」と褒めるけど・・もう3年・・未だ麻痺手は動かず・・痺れもひどいまま明けそうで明けない夜のような僕の心・・まるで白夜のようなこの心・・心の中はまだ薄明り・ ...

毎日が自分の障害との葛藤である・・3年経った今でも受け止めきれない事がたくさんある人からのちょっとした一言が心に突き刺さる悪気はないのだろうけど・・心に突き刺さる・・ちょっとしたことができないお茶碗さえ持てないイラっとするそんな些細な苛立ちからかちょっとし ...

今日の記事はグチである僕にはこの世で絶対に許せないヤツがいる「許すということは強さの証だ」とはわかっていてもそれでも絶対に許せないヤツがいるこの世にたった一人・・そいつは・・それは僕が脳出血で倒れたことによって起こった様々な問題やトラブルの責任は僕の両親 ...

中国に世界最大規模の長寿命(30年)大容量(1000世帯10日分の蓄電)の蓄電池の設置プロジェクトをスタートさせることができるか!僕にできることは、やるだけのことはやった・・あとはどう反応してくるか・・待つのみ・・待つのは辛い・・けど・・もし万が一このプ ...

今日も朝から痺れと痛みがきキツかった精神的にも心が折れそうだったよく考えると・・僕はこの3年間身体的な物理的な痛みと障害者になってしまったという心の痛みと両方と闘っているそのことに今日、今頃気が付いた・・苦しいとき・・身体的な物理的な痛みが苦しいのか障害者 ...

最近死は生の一部である。そして死と生は別々のものではなく死は生きることに含まれているのではないかなんてことを考えている人は皆いつか死を迎えるそして死に至るまでに病と老が必ず来るそうでなくとも事故や事件などに巻き込まれる場合もある死に至る直前には必ず「苦」 ...

シンガポール投資家向けの提案書がやっとできたあとは英文と中文に翻訳してもらい7月末のXデーを待つのみ大丈夫かな何だか気が焦る、、心配になる、、「待つ」って事は本当にイヤなものだ ...

元来僕はせっかちな性格だった僕の父は船場で丁稚奉公をしていた叩き上げの商売人幼い頃から全ては段取り、段取り、段取り、段取り、そして何事にもスピードを求められた。モタモタしていると叱られたいわゆるハイスピードマネジメントを求める父だった・・そんな生い立ちに ...

↑このページのトップヘ