俺はまだ生きている!脳出血で半身不随になった元IT系社長岡下俊介

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2012年11月

他の人間にはお笑いぐさでも、僕にとっちゃ生き死ににかかわる問題かもしれない言葉だってあるんだよ ...

先日言われた「障害者は気持ち悪い」という言葉に自分でも思わぬほど心が凹んでしまった。。でも!この凹んだ「くだらない:原因を超える希望が僕にはあるつい先日、以前僕の書いた最新薄膜太陽光発電パネル技術に関する記事を読んで頂いたある読者の方からその方の運営する ...

よく考えてみると、どうしようもないことが起きたのではないしかしほんの小さなことでもよくないことが重なると気持ちのリセットがきかず、気持ちが折れやすくなる。自分で抑えきれるはずのことでも連続して起きてしまうと、自分を見失ってしまうものだと思う。今の僕が正に ...

いつのまに僕は障害者になってしまったんだろういつのまに僕の会社はなくなってしまったんだろういつのまに僕は自己破産してしまったんだろういつのまに僕は人から遠ざけられる人間になってしまったんだろうわかるんだ左手がダラりと下がった僕が近づくと皆、一瞬戸惑いの表 ...

生きてゆくには辛抱づよい努力と忍耐が必要だしかもその道は険しく遠い・・思わぬ災厄や病苦にもみまわれるだろう許せぬ仕打ちにも会うこともあるだろうしかしその災厄や病苦や仕打ちに耐え抜いたあとに見える未来があなにかあるはずだそう思って何事にも耐え抜こう ...

昨日「気持悪い」って言われてから若造ごときの言動に気にしていないつもりだった・・でも、どうやら僕の心のどこかに傷を負っているようで今朝どうしても起き上がる気力が出ず、頭の中にときおり「気持悪い人間・・・」という言葉がよぎるその言葉がよぎるだけで、ただでさ ...

今日コンビニの前で、杖も使わずに無理してヨタヨタ歩いていたら、車から若造に「モタモタすんな!障害者なんか気持ち悪いんじゃ!」って言われてしもた、たかが若造の言葉やから気にせえへんつもりでも「気持ち悪い」はさすがにちょっと凹むなぁ・・片麻痺の歩き方って、そ ...

僕の家内はよく、人間はイザというとき(危機のとき)に人間はその本性が出る・・と言っているけど・・・今やっているNHKの朝ドラでも主人公の恋人?の愛(いとし)君は人の顔を見るとその本性が見えるよいう設定だけど僕はそもそも人には絶対的な「本性」などというものは無 ...

障害者になる前の僕は正直言って薄っぺらな人間だったと思う経済的成功求めつつ、早期に引退して、将来は海外のリゾートなんかで、のんびりと過ごす、、などという生き方ができれば充実した人生になるのではないかなどとと考えていたように思うそれに比べて今は、そんな理想 ...

僕は脳卒中になって以降、脳のことをいろいろ勉強した見た結果神や霊(ご先祖の霊)とかの存在を一切信じなくなった・なぜなら(自分の実体験からも)死は「無」であると確信しているからだそして神とか霊をが見えるというのは「脳の側頭葉のイタズラ(幻想或いは幻覚)」に ...

僕が障害者になった事は決して「不幸」なんかではない。ちょっと不運だっただけさ、これを不幸にするかどうかはこれからの僕の生き方で変わる少なくとも身体的障害が絶対的に人の人生を不幸にするものではない不幸になるかどうかはその後の本人の心の持ち方次第さ。iPhoneか ...

今日、京都の東福寺のもみじの撮影に行ってきた。昔独身の頃(約25年前)JR東福寺駅から1分ほどのワンルームマンションに住んでいたけど当時は東福寺のもみじなんて全く知らなかったし、興味もなかったでも 半身麻痺によって僕のほとんどの趣味・・・観光などには全く ...

僕は半身不随になったことで半ば強制的に価値観を変換させられたというか、それまで持っていた価値観を捨てさせられた。ここで言う価値観とは人が皆大なり小なり持っている自分が自分であるための誇りとかプライドのようなものだ人には誰しも大なり小なり人に自慢できる自慢 ...

今の時代に侍なんて存在しないけど、僕は今自分の心だけでも武士のようでありたいと思っている半身不随という障害者になって僕はこれまでいろんなことに嘆いてきた。いろんなことに悲しんできた。自分の人生を恨みもした。自分の不遇に対して怒りに打ち震えたこともある。で ...

闘い続けるんだ!この半身麻痺の障害と、、男は闘うものだから、、一生ね・・・そしては弱音は吐かない絶対にね闘い続けろ闘い続けるんだ身体の機能障害という敵が立ち塞がる限り、、闘い続けるいつまでもいつまでもこの闘いに終わりはないでも絶対に負けないそれが男の生き ...

今日常生活のなかで健常者になら、ごく普通に当たり前にできる事が半身麻痺のせいでできない事に対して今でも、異常に苛立つ事がある!ちょっとした荷物さえ運べない!両手さえあれば、、たった3段の階段さえスムーズに降りる事ができないそれどころか、手摺りがなければ階段 ...

村上春樹さんの言った言葉で「非現実的な夢想家」という言葉が僕は好きだ。夢は非現実的いいじゃないか非現実的だから夢なんだでも夢はいつ実現するためにあるものだと思う僕はいつも思っている僕の左半身麻痺の障害もいつか治ると心のどこかで信じている「現実的な」医者か ...

この世はなにもかも闘いだ、相手をたたきふせるか自分がたたきふせられるか、どちらか一つだ、その相手はときには人でないかもれない今の僕には闘う相手はこの病気、障害だ!自分を信じ、自分を強くしろ!自分を信じて闘え!闘い抜けそれで負けても本望だ闘わずして負けるの ...

生まれて3か月で肺炎を患い、死の宣告・・いじめられっ子だった小学生時代・・運動神経もよくもなく、肥満気味だった小学生時代そんなどんくさい僕が中学生時になって、周りを見返したくて入ったクラブが水泳部・・日体大出身のスパルタ方式の監督の下1日に2万メートルもの ...

忍耐・努力、、、あまりにも平易で、今の時代に合わない言葉かもしれないでも、身体障害者になってしまった今の僕にとって最も大切で大事なそしてこの身体で生き抜くために僕に必要な事かもしれない僕が学校を卒業し就職して、自宅から社員寮に引っ越すときに持たせてくれた ...

↑このページのトップヘ