1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2013年03月

よく「今が勝負どころだ!」という言葉を聞くけれど、「勝負どころ」とは何かの目標や目的に向かって歩みのなかでのどこかの「瞬間」ではなく、その歩みのほとんどの期間が「勝負どころ」ではないかと思う。なぜなら、僕は脳出血で倒れてからもう4年半になるけど、今この瞬間 ...

僕はスキューバーダイビングが得意だったはず・・・・泳ぎも得意だったはず・・でも今の僕にとってそれは手の届かない娯楽でしかない海の中を潜っていて何よりも好きだったのは・・水中から水面を見上げて太陽をみること・・水中を漂いながら。。潮の流れに身を任せ・・キラ ...

今日は天気も快晴で、近所の桜並木が満開に近い状態(たぶん8分咲き)だったのでいそいそと一眼レフを首にぶら下げて撮影に行ったさすがに予備レンズ3本を入れたカメラバッグを背負って歩くのはキツかった・・でも結構上手く具合に撮れたので少々満足・・この桜もあと10日も ...

プレシンキング(Prethinking)・・この言葉はいつだったか僕が勤めていた会社で教わった言葉(自分で起業するまでいろんな会社を転々としていたのでどこ会社だったか忘れたけど・・)意味は、その英語の通り「事前考察」つまり仕事上で、どんな行動をするにも、行動する前に ...

「弱い者ほど許すことができない。許すということは強さの証だ」この言葉はあの非暴力・不服従主義で有名なマハトマガンジーの言葉だけど、最近僕は「許す」ということは自身を救うことではないかと思うようになっている。なぜなら、例えば僕を襲った病気に対する憎しみ怨み ...

昨日書いた中村久子さんの記事に対してYouTubeに中村久子さんの紹介動画があったというコメントを頂いたので探してみたら見つかったのでここに紹介します。「知ってるつもり」という番組で紹介されたものだった。これを観ると確かに感涙ものだ・・これほどの苦難の生涯を送り ...

ある。ある。ある!僕には自由に動かす事のできる右手がある!多少は以前より器用になった右手がある!いざというとき、身体を支える右脚かやある!目も見える食事ができる口も喉もある!普通に思考ができる脳もある!僕には、ある!ある!ある!今まで無くなった、無くなっ ...

無手無足で生き抜いた中村久子さん(1897年(明治30年)11月25日生まれ)という人がいることを僕は今日知った。彼女は3歳のとき足の霜焼けが元で突発性脱疽という病気になり、なんと両手両足を切断したそうだ。その彼女はすぐに父親も亡くし、食べていくために見世物小屋で見 ...

僕はなぜこんな障害者になってしまったのだろう・・?なぜ脳出血のせいで自分の会社まで無くさなければならなかったのだ?なぜ破産までしなければならなかったのだろう?そしてなぜこんなに不自由で辛い、苦しい、情けない身体になってしまったのだろう一時は「僕が何か悪い ...

いつもギリギリ頑張っているよな痛み、痺れ、不自由、悔しさ、悲しさそんなものが常時僕を苦しめる・・それをいつもギリギリの線で耐えているいつまで続けれられるか・・正直言って、自信がないそれよりも最近は・・自分の命がぼちぼちと終わりに近付いている感覚があるそれ ...

今の僕の望み・・それは負った障害を回復することはもちろんだけども・・それは叶わぬ望みだと思っている叶うとしても、もうその頃には僕なんて生きていない遠い未来だと思っているそんな中、今の僕の望みは唯一の望みは45歳で脳出血になって以降、僕の起こった事を全て許す ...

昨今の日本を取り巻く情勢は非常に厳しいものがあると思う・自然災害においては東日本大震災・・・経済においては、リーマンショックによる不景気どころか、あの平成バブル景気の崩壊からさえ未だ立ち直れていないと思われる日本経済・・バブル景気崩壊からもう20年近く経っ ...

今の時代外界からの雑念(情報)が多すぎる・・マスメディア、人からの又聞き・・良いと思って構築してきた多くの人間関係が逆に僕の心を惑わしていることに気が付いた心を限りなくニュートラルにすることにより、ことの本質、自分の生きる意味の本質を見つめたいそのために ...

「怒らないこと」を武器にして自分の中に潜む「怒り」に勝つ「ポジティブな心」を武器にして自分の中に潜む「ネガティブ」に勝つ「分け与える」を武器にして自分の中に潜む「独占欲」に勝つ「事実のみ言うこと」を武器にして自分の中に潜む「偽り」に勝つ人からの評価による ...

昨日も書いたけど、過去を追ってはならない未来を待ってはならないただ現在のこの一瞬だけを精一杯力強く生きなければならないと僕いつもそう思いながら生きているでも、実際難しい、辛い未来を待ってはならないというのは過去を追ってはならないという事に通じていると僕は ...

過去を追ってはならない未来を待ってはならないただ現在のこの一瞬だけを精一杯力強く生きなければならない僕はいつもそう心掛けようとしているでも、僕の理性では障害者になってしまった今、そうやって生きるべきだと考えているけど、実際苦しい過去を追ってはならないとい ...

悲しんでたまるか!悲しまずに悲しみに勝つ!悲しみに勝つには悲しまないこと!怒ってたまるか怒らずに怒りに勝つ怒りの心に勝には怒らないこと!憎んでたらるか憎まずに憎しみも心に勝つ!憎しみの心に打ち勝つには憎まない事!怨んでたまるか!怨まずに怨みの心に勝つ!怨 ...

余裕がない・・精神的余裕が・・それを痛切に感じた・・僕は左半身が不自由だそのことでできないことがたくさんあるできないことは人に頼めばよい・・それはわかるでも・・イザというとき自分ができるということが心の余裕になる例えば一昨年のような東日本大震災のような災 ...

一切皆苦か、、、思うようにしようとして、思うようにならない事考えてみればたくさんあるなぁ~もちろん思うようにならないこの左半身の動きと痛みと痺れそれ以外にも、、今やってる仕事で、思うように動かず、思うような出力が出ない設備、、思うように動いてくれないスタ ...

釈迦(ブッダ)の仏教を一通り読み終えた・・もちろんサンスクリット語ではない(無理だし・・)日本語訳本である・・(^_^;)でも今日は大きな成果を得た・・と思う確かに釈迦の仏教は他の宗教(大乗仏教も含む)と違い一切「神頼み(霊頼み)」する部分(善行すれば救われる ...

↑このページのトップヘ