1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2014年10月

思考停止、、これは悲劇をもたらす。。。そのままの意味だと「考えるのをやめること」である。僕達は日々の生活の中で驚くほど「思考停止」している事を意識しているだろうか例えばテレビニュースを見ていてキャスターのコメントに納得してしまったときこれは、相手の考えに ...

会社が消滅した・・あまりにも突然のそして予想だににしなかった突然の崩壊だったそれは9月中旬、社長から突然の以下のようなメールが来たときから始まった・・--------------------------岡下さん私個人の正確な今の状況です。会社の状況も私個人の状況も緊急事態と思ってい ...

朝から左半身が猛烈に痺れている・・なんでやろ・・と苦し紛れに何気なくIPHONEのニュース見たら・・原因が分かった・・「こんな台風は見たことない」 NASA飛行士、台風19号を撮影 ・・だって・・(-"-)超低気圧やん・・やっぱり気圧の変化はアカンみたいや・・台風に殺 ...

自分が今太陽光発電の仕事をやっていてこんな事いうのは無責任だと思われるかも知れないけれど自分をニュートラルな位置に置いて考えてみると昨今世間の再エネ業界をにぎわせている電力会社の再エネの受け入れ制限の問題の電力会社の受入れ制限理由の本当の理由は容量不足や ...

昨夜、夢を見たどこかの南の島のリゾートホテルのプールだったような気がするでもそのときの僕はプールがあっても以前ように泳げなくなってしまった自分そう、まさに今の片麻痺の僕だった何を誰としゃべっていたのか覚えていないけどそのプールサイドの椅子に座って(パラソ ...

ちょっと前にの記事で書いた水耕栽培の技術をアラブの砂漠地帯で展開するという話・面白い!役に立つ議技術だ!と思い込んだら百年目、居ても立ってもいられなくなり一昨日その仲介者に電話してどうしてもその水耕栽培の技術を見たいと頼み込みなっと今日行ってきてしまった ...

僕は山本周五郎氏の小説に出てくる「きわみ」という言葉に惹かれるきわみとは・・これだけはどうしてもゆずれないここからは一歩も引けないこれは絶対許すことができないこうしたギリギリのいわば崖っぷちの状況であるそんな状況における人間の心理と行動を描く作品が山本周 ...

↑このページのトップヘ