1963年1月1日生まれ中途身障者の岡下俊介ブログ

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2016年10月

ふと気が付いたんだけど、人が怒るときって、ほとんどの場合、人間に対して怒っていることがほとんどなんじゃないかって気がついたような気がする。なぜなら、例えば車を運転していて、突然割り込みをされたりしたらほとんどの人は残るだろう。そして自分の車にぶつけられた ...

脳出血で障害者となって、もう8年になる。障害者になった当初はこの半身不随という身体障害が辛くて、これから本当にこんな体で生きていけるのだろうかと本当に不安だった。あれから8年、今では左半身が不自由で、辛いのが当たり前街を杖をついて歩いていても、情けないと感 ...

人間なんて哀れでつまらないものだと思う.。あくせく働いて一生懸命稼いだとしても、運の悪い人は、一生貧乏に付き纏われるものだし、たとえお金を儲けて、贅沢をしたところで、贅沢には限りがあるものだ。アラブの大金持ちだって寝るときの広さは決まっているものだ。どんな ...

僕は死ぬことは怖くないと思っているだからといって、いつか記事で書いたことがあるけど死にたいと思っているいるわけじゃ無い。ここまで生き抜いた以上、生きたいし、欲望 煩悩?も出てきたようだ。(長生きしたいというのは人間の最大の煩悩だそうな) でも死ぬことは怖 ...

昨日、駐車禁止除外者証の更新のために、近くの警察署に行ってきた。提出しなければならないものは住民票と申請書と。そして、障害者手帳のコピーそして申請書に警察署の人があらためて僕の障害の詳細を書き留めているのを僕は見ていた。そのとき、あらためて「左上肢機能全 ...

エイリアン2でリプリーがオートローダを駆使して、エイリアンと最後の闘いを挑むシーン このシーンで、エイリアンに対して、「BITCH!」と罵倒の言葉を叫びながら女だてらにオートローダを運転して、エイリアンと最後の闘いを挑むリプリーを見て、女性は強いな~!と思った ...

人というものは、自分が傷付かない限り、他人の痛みなど絶対に分かるものではない。自分の傷が痛いから、人の傷の痛さも分かるんだ。だから、自分が飢えない限り、他人の飢えには、無関心なのだろう。障害の辛さもおなじだ。分かりもしないのに、分かったような事を言うヤツ ...

↑このページのトップヘ