俺はまだ生きている!脳出血で半身不随になった元IT系社長岡下俊介

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2016年11月

なんとか、関まで車を運転してきて、日本刀の引き取り完了!それにしても、出来立ての(笑)日本刀の刀身はいつ見ても美しい!さぁ、今から帰るとするか西向きに帰るから逆光だ?(><) ...

今朝はやけに冷えるなぁ1麻痺側の拘縮が強くて体が動かない・・それに拘縮の痛み出てきて辛い、今日は岐阜県の関まで今年の春に注文を受けた日本刀が出来上がったというので、今から車を運転して引き取りに行かなきゃならない。この体で、右手と右足だけは運転で関まで行ける ...

よく、「死後の事なんかどうでも良い」と言う人がいる 確かに死後の事など議論しても無意味だと思う。 なぜなら、誰も証明する事が出来ないのだから、、 あのホーキング博士にしても、物理学的に死後の世界はないと「結論付けた」だけであって証明した訳ではない。 僕に ...

先日も死後の世界なんて存在しない、人間は死んでしまったら無になる。といった記事を書いたけど宗教などの信者で、何らかの形で死後の世界を信じており、天国とやらいう人間の脳は作りだした空想の世界が存在していると信じている人たちは、以下のようなYouTubeの動画のよう ...

脳出血で左半身麻痺の障害者となって、もう8年になるけれど未だにイラッとくることがある。昨日もあったことだけど、自動車に乗ろうとしたときにどうしても体が車の中に入らない! 。いったいどうしたんだろう、と思った瞬間、左側を見た。そうすると、なんと左側の方が車の ...

「死後の世界は存在しない、死ねば魂は無になる」 これはあの有名な身体障害者の物理学者スティーブンホーキング博士が  2011年に発表した言葉ですが、前回の記事に納得しておられない方も おられると思いますので紹介しておきます。 彼はこのように言っています。 「 ...

今日これから書く事は、 一部の人(特に何かの宗教を信仰している人)にとっては受け入れることができない記事になるかもしれないのでご了承ください。 人は死んだら、心は魂というようなものになって永遠に残る。そして死後の世界が存在し、神様というようなものに加護を受 ...

僕も含めて、生きているということ自体誰かに、或いは、何かの生き物の犠牲の上に生きている例えば、あるビジネスで成功して、 たくさん稼ぐことができたのなら その影にはかならず負け組がいるそうした負け組の上に 成功者は生きているに過ぎない。僕がこんな半身不随と ...

困難な状況になって、初めて誰が敵だったのか、誰が味方の顔をしていたのかそして、誰が本当の味方だったのかわかるものであるこの言葉にが、誰の言葉だったのか知らないけれど、この年になって痛感する言葉である。実際のところ、本当の苦境になったとき、八方塞がりになり ...

悪妻は百年の不作という言葉を知っているだろうか? 。僕も最近知った言葉だけど、下記の記事を読んでみてください悪妻は百年の不作 これを読むと、本当に女性というものは怖いと思う(苦笑)女性の方も、男性の方も思い当たる節はありませんか?これだからいつの時代も、 ...

今日は昨日とは、 一転して、アメリカではトランプの「 American first 」の政策に期待してドルが買い戻され、急激な円安になっている。なんだ、結局エリートたちはあれほどトランプの暴言を非難しておきながらアメリカンファーストに期待しているんだ (-_-;)結局のところ ...

打算女とは昨日アメリカ大統領選挙で敗北したヒラリークリントンのことだ。僕はあの女(あえて「女」と書くけど)は嫌いだ。なぜなら、あの女の人生は打算に満ちていると思うからだ。典型的だったのは夫のビルクリントンが大統領の時、不倫が発覚した時だヒラリーは当時のフ ...

メディアのほとんどがトランプ大統領を予測できなかったと言っている でも、僕はかなりトランプ大統領の確率が高いと思っていた。以下は昨日の朝、メールで友人に送った文章だ。-------------------------------------------------------------トランプが勝つと予想する理由 ...

4年前に書いた苦悩 未だ苦しい・・もう忘れたいな・・でも忘れられないこれは人間の業ってヤツ?   ...

これはあの有名な山本周五郎のある小説の一説に出てくる言葉です。----------------------------------------------------------皆が人生で重い荷物を背負っているものだ。境遇や性格によって、その差はあるが人間というものは、皆それぞれに何かしら重い荷物を背負っている ...

↑このページのトップヘ