俺はまだ生きている!脳出血で半身不随になった元IT系社長岡下俊介

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

2017年12月

週末から報道されている富岡八幡宮の 殺傷事件の報道を見ていると、 姉弟の怨恨とは言え、恐ろしいものだ。 仏教などでは怒りや恨みというものは 「猛毒」であると言っているけれど 実際本当に恐ろしいものだと 今回の事件で気付かされた感じがする。 つい最近、復讐 ...

自分が悔しい思いをしたことに 対する復讐というものは  決して、悔しい思いをさせらた相手を 貶めたり、やっつけたりする事ではなく、 自分の人生を成功させることだと思う。 しかし、その成功とは 決して経済的成功ではなく、 経済的成功が自分が人生の成功だ と ...

人間というものは、 上手くいっているときは 失敗ばかりしているような いわゆる不運な人間の事なんて 目に入らないものだし、 そういう人の事を馬鹿に しやすいものだと思う。 そして自分さえ良ければ、 それで良いという感じになりがちだと思う。   だけど、自 ...

↑このページのトップヘ