俺はまだ生きている!脳出血で半身不随になった元IT系社長岡下俊介

私は2008年11月に脳出血を起こし、左半身不随の障害者になってしまいました。それまでは神戸三宮でIT系企業の代表取締役をしていたのですが、障害者になってしまったため、会社を継続することができず、会社が畳みました。ですが一昨年の2016年に再起のために性懲りもなくまた新たな事業を立ち上げました。その大きな理由としては障害者でも健常者に負けないと言うことを証明したいという思いからです。先月まではアメブロでブログを10年間書き続けてきましたが、諸事情によりアメブロは閉鎖しましたので、このlivedoor blogでブログを再開いたしましたので宜しくお願い致します。アメブロの時の記述を同様に障害者としての想いや元社長としての新たな事業に対する想いなどについて書き綴っていきたいと思います。

カテゴリ: 人間の生き方

素晴らしい事をしたように「見える人」極悪非道な事をして極悪人に「見える人」でも、人間には人それぞれ事情ってものがあるもの。その人の心の中に入ってみなければどんなに力を尽くしている「事実?」を聞いても、調べても本当の事なんて誰にも、そしてきっと永遠に分かり ...

男にとって大切なもの それさ家族ではないだろうか 初婚であろうが再婚であろうが 家族ができた段階で男にとって その家族はかけがえのないものとなり 守るべき対象なるのではなかろうか そしてその家族を守ることが 男にとって生きる張り合いとなる だからこそ、家 ...

昨日近くの福祉センターの温水プールに息子と泳ぎに行った息子はなぜか2、3か月前から将来は水泳選手になるんだと言いだしているあれほど水がきらいだった息子が・・(小学校低学年のときには水しぶきが顔にかかっただけで泣いていたのに・・)僕が左手が動かず、泳ぎの「 ...

今回の信じられない会社の倒産劇のおかげで僕はある自信を持った・・この半身不随の身体で倒産寸前の時期に会社の債権者会議にヘタレの社長の代わりに(無理やり委任状を書かせ)一人乗り込んだ。事前に特急で片手で20ページもの資料を3日で作成して乗り込んだ結果、あまりに ...

昨夜、久しぶりに未練がましい夢を見た・・今更・・と言う感じだ左手左脚の頑丈で健常で自由に動いている自分がそこにはいた。でもそれは自分であって、自分でない感じだった・・まるで「故人」を思い出すように見ていたもうこんな自分とは二度と会えないんだなという感情が ...

私は意見を言うそれはその意見が良い意見だからではない。その意見が自分自身の意見だからだ。良い意見を言うだけならそれは単なる迎合であり妥協に過ぎない。妥協や迎合からは何も生まれないたとえ障害者であっても妥協や迎合だけはしたくないしないつもりだ-広告-太陽光発 ...

夜間上映で永遠の0「ゼロ」を観てきた久々に本気で泣けた、、後半には男性の男泣きの嗚咽し聞こえてきた原作の本を読んでいる人は分かると思うけれど、(この記事ネタばれはしないでおきます)この映画のテーマは「人間は何(誰)のために生き、そして、何(誰)のために死ぬのか」 ...

捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったもんだ・・実は僕はここ1か月ほどなんやかんやと揉め事が多く、なんとなく孤立感と危機感が強まっていた太陽光発電事業活動などの再生可能エネルギー普及活動に関する動きも自分なりに気持ちを「前向き」に支えつつ行動していたが心の ...

昨日朝からしゃっくりが始まって、もうかれこれ、30時間止まらない嘔吐も十数回、、胃液が、何回も逆流してきていい加減苦しいあんまり苦しいんで調べてみたら長引くしゃっくりは肝臓癌の典型的な症状だとの事、さらに、肝臓癌は当初は自覚症状進行がほとんどないが進行は早 ...

最近あの有名な米国のテレドラマ「24」TWENY-FOURを観ていて思ったんだけどよく悪役が人質をとって何か(悪い事)をやらせるとき、主人公(テロ連邦捜査官ジャックバウアー)の邪魔が入り、悪役(犯人)の要望が遂行できない状況に陥ってしまったような状態のとき悪役(犯人 ...

今、僕は辛い身体で、杖を付きながら・・幼児にも抜かれるスピードでゆっくりと歩きながら性懲りも無く、またひとり上京している何としても140MWのメガソーラー(多分現時点の計画では多分日本最大)を実現したく、、その資金集め、そのために、、もう切れかかった切れたかも ...

今朝、自分の生き甲斐がまさか再生可能エネルギーの普及になるとは思ってもいなかったという記事を書いた矢先今日、再生可能エネルギーの普及だけではないのだということに気付かされる場面に出会った・・まさしく予測不能な人生だというのも今日アメリカの友人が帰国したの ...

天分というか天分というとそんな大それた能力は自分にはないけれど我が本分というか・・いや、我がなすべきこと・・かな何というか自分が生きていくために成すべきこと与えらたこの命を全うするために生き甲斐を亡無くさず行生き抜くために成すべき事がやっと明確になってき ...

ふと思ったこと、、半身不随になって不自由になったと嘆いているけれどもし、タイピングスピードが片手しか使えないために10分の1になったなら10倍時間をかければ良いだけもし、歩くスピードが5分の1になったのなら5倍時間をかければ良いだけ、着替えのスピードが4分の1にな ...

脳出血を起こして半身不随という障害者になってその苦しみを味わってわかったことそれは死ぬことよりつらい「生きる」というものが存在するということそしてそんな辛い「生きる」の中で生き続けている人がたくさんいることそういう人が過去にもたくさんいたこと僕なんかより ...

大切なものをたくさん失ったけどもう二度と元に戻らないもう二度と手にすることのできないそんな大切なものたくさん失った散歩という楽しみ泳ぐとい爽快さ走るという爽快さありとあらゆる運動機能一生懸命守ってきた小さかったけど自分の会社ほんの小さな夫としての父親とし ...

大金持ちになったら幸せか事業に成功したら幸せか志を達成したら幸せか僕は少なくとも、この3つのどれかが叶えられたら幸せな人生だと思っていたでも、今は違う。大金持ちになってもいつかは病気になり死ぬ事業に成功してもを患うこともあるあの巨人の長嶋さんだって自分の志 ...

毎日が苦しい、不自由で、、やりたい事もロクにできない大した事ではない、単に左手で御茶碗を持ってご飯を食べたいだけ、、左手で御茶碗を持ってお茶漬けをもう一度食べたい別に遠方へ旅行したいわけではない自宅の近所を普通に(のんびりと)散歩したいだけ、そんな事さえ許 ...

僕は仏や神や先祖の霊などのいわゆる超越的な存在がいるとは全く信じていないこれは僕なりの考えだけど仏や神とは希望を持つ人の心に宿るものであって、決して超越的な存在ではない更に仏とは地獄のような状況の中でも最後まで希望を捨てず、智慧を持とうとする人の心に宿る ...

知恵と智慧・・これは僕なりの解釈であり、そして自分のための解釈である人間生きていると様々な「理不尽」に出会う。例えば、人間社会・・社会全般であったり、会社組織であったり、或いは家庭という最小単位の人間関係の中で生きているで、義務を果たさない人がいたとする ...

↑このページのトップヘ